「BABYMETAL快進撃!」の絶妙な仕掛け

雛型はPerfume、アミューズ流の戦略とは?

その命題がBABYMETALの価値にとって大して意味がないことを承知のうえで答えるならば、その形態を客観的に見るかぎり、どう考えてもアイドルです。インタビュー動画を見るかぎり、自己紹介のスタイルやトークの内容はあくまで思春期の少女の特徴を前面に押し出すもので、アイドル的スタイルで貫かれています。

“「アイドルとメタルの融合」をテーマにユニットを結成”と公式に宣言しているのですから、当然と言えば当然なのですが……。

やはり立派に「アイドル」している

全力のあおりとそれに応えるファンの声援や、楽曲に合わせて起きるモッシュは、見ようによってはアイドルライブのコールやオタ芸の変種と見えなくもないですし、なにより、BABYMETALが全力でファンに向き合い、ファンがそれに応えて一つの世界を形成していくあのライブの光景は、確かにメタルなのでしょうが、アイドルライブの一種として見ても何ら違和感がありません。そうしたさまざまな点から、BABYMETALは、やはり立派に「アイドル」しているのです。

しかし、このアイドルとは何か、という問いかけはなかなか深いものです。本コラムでは、アイドルは面白いという導入から、誰もがアイドルであることを疑わないモーニング娘。、AKB48、そしてももいろクローバーZを紹介してきました。ところが、今回、世界では(たぶん)メタルの一変種と見られているだろうBABYMETALを紹介したことで、「アイドル」とは何か、という問いに直面したように思います。

なぜ「アイドル」という「ジャンル」が興隆したのか?

モー娘。AKB48ももクロ、そしてBABYMETALはいずれもアイドルなのでしょうが、その商品としての戦略はそれぞれに大きく異なっています。本コラムの第1回でもご紹介したように、それぞれの戦略からだけでは、なぜ「アイドル」という「ジャンル」が興隆したのかは、単純に説明がつかないようにも思います。

40代以上の方ならば実体験でおわかりだと思いますが、かつてアイドルは別名「アイドル歌手」とも呼ばれていました。ところが、1990年代になって「バラドル」や「チャイドル」といった形で「アイドル」は拡張されていきました。現代はその延長上にあるのですが、本コラムが取り上げたいのは、その中で、再び歌手、あるいは音楽アーティストとしてのアイドルが興隆した社会現象そのものなのです。

個々の固有名詞のアイドルではなく、ジャンル、集合としてのアイドルを考えるためには、その「定義」を考えることが必要です。しかしながら、誰もが漠然と判別できる何が「アイドル」かということに、客観的な視点から明確な定義を与えることはあまりしませんし、なかなかできることでもありません。とはいえ、「アイドル」をテーマに掲げる本コラムとしては、ここから逃げるわけにもいかないように思います。

そこで、そろそろこのコラムでも個々のアイドルの解説から一歩踏み出して、「アイドルとは」何か、という命題に踏み出してみたいと思います。その手始めに、次回は同じテーマを内包した2013年度上半期のNHK朝の連続ドラマ「あまちゃん」のことを振り返りたいと思います。  

(お知らせ)新刊『アイドル国富論――聖子・明菜の時代からAKB・ももクロ時代までを解く』好評発売中です!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 若者のための経済学
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT