「プロ顔負けの投資家」になる秘訣とは?

投資は「大勝ち」より「負けない」ことが大切

日本円を現金で持っていても実質的に目減りする時代。「負けない投資家」になっておカネを増やすための「鉄則」がある
2015年はどんな年になるのか。日経平均株価は昨年12月8日に高値1万8030円をつけた後、原油価格の大幅安、ルーブル危機、ギリシャの政局不安などを受け年末は乱高下した。一方、日本株の命運を握る米国経済は堅調だが、米国株は史上最高値圏にあり、何かのきっかけで急落しやすい。
NISA(少額投資非課税制度)を利用して、おカネを増やそうと思っても、投資判断が難しい局面。だが、単に日本円を持っていては実質的に目減りしてしまう時代。果たしてプロの投資家は、この市場環境でどんな戦略を立てているのか。実は簡単な方法でプロの戦略をチェックすることが可能なのだ。

投資信託の運用レポートで、プロの運用戦略がわかる

「運用のプロ」と呼ばれている人たちは、難しい相場環境をどんな運用戦略で乗り切ろうとしているのか。

今は何もしないと資産が目減りする時代。NISAも2年目に入り、制度が充実。学べば「負けない投資家」どころか、「プロ顔負け」になることも可能だ

もちろん、プロに直接聞くのが最も適切な方法だが、プロから投資戦略をいつでも直接聞けるような、恵まれた環境にいる人は、極めて少ない。が、知り合いに投資のプロが居なかったとしても、疑似的にプロの投資戦略をウォッチする方法はある。

投資信託の運用レポートをチェックすれば良いのだ。投資信託の運用レポートは、多くの運用会社が定期的に発行しているもので、月次レポートと週次レポートがある。両者ともファンドの運用担当者が執筆しているものなので、それを一読すれば、プロの投資戦略に触れているのと同じことになる。

ただし投資信託といっても、その種類はさまざまだ。日本株だけに投資している投資信託もあれば、インド株だけに投資している投資信託もある。株式だけでなく、債券と組み合わせて運用するタイプもあるなど、どの資産に投資しているかによって、投資信託の商品性は多岐にわたる。

こうした、プロの投資家がどの資産に注目しているのかを把握するためには、さまざまな資産にバランス良く投資している「バランス型ファンド」の組み入れ比率を見るのが良い。

次ページ代表的な投資信託の組み入れ比率の変化を見てみよう
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。