スズキ8年ぶりに軽自動車トップ奪還へ

ハスラーのヒットでダイハツ工業を逆転

「4月以降、新古車が増えた。特に多いのはスズキ車だ。色など、カスタマイズが人気のハスラーは新古車では売りにくいので、今は扱いを禁止している」とある中古車販売会社役員は話す。

新古車とは、走行距離が十数キロメートルなど、新車に近い状態の中古車のこと。主に販売店がノルマ達成のために自ら陸運局で登録。その後、中古車市場に流される。

多用すると中古車の相場を崩すため、メーカーや販売店にとって中長期ではマイナスながら、短期でのシェア獲得には有効だ。2011年の大震災以降、新古車は減少していたが、増税反動減の市場縮小で新古車が増えている。

新古車で数量押し上げ?

家族でのキャンプにも使える点がハスラーの売り。

もちろん、軽の新古車はスズキだけではない。「新古車の調達は原則、中古車オークション経由だが、足元ではメーカーの系列販社からの仕入れもある」(同)。

スズキは2006年に鈴木修会長(当時、現在は会長兼社長)が「シェアでメシは食えない」と発言。ダイハツの後塵を拝しても、乱売合戦を仕掛けることを控えてきた。

しかし、11月の中間決算発表の席で鈴木会長は、「ここ8年くらい2位に甘んじている。負けてよし、勝ってよしではない。負けたら勝つことを考えるし、勝てばもっと引き離す」と、再び勝負にこだわる姿勢をうかがわせていた。

スズキは12月22日に新型「アルト」を発表。最後の最後までダイハツを突き放しにかかる。鈴木会長の執念は実るのだろうか。

(週刊東洋経済」2014年12月27日・1月3日号<12月22日発売>「核心リポート04」を転載)

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT