スズキ8年ぶりに軽自動車トップ奪還へ

ハスラーのヒットでダイハツ工業を逆転

「4月以降、新古車が増えた。特に多いのはスズキ車だ。色など、カスタマイズが人気のハスラーは新古車では売りにくいので、今は扱いを禁止している」とある中古車販売会社役員は話す。

新古車とは、走行距離が十数キロメートルなど、新車に近い状態の中古車のこと。主に販売店がノルマ達成のために自ら陸運局で登録。その後、中古車市場に流される。

多用すると中古車の相場を崩すため、メーカーや販売店にとって中長期ではマイナスながら、短期でのシェア獲得には有効だ。2011年の大震災以降、新古車は減少していたが、増税反動減の市場縮小で新古車が増えている。

新古車で数量押し上げ?

家族でのキャンプにも使える点がハスラーの売り。

もちろん、軽の新古車はスズキだけではない。「新古車の調達は原則、中古車オークション経由だが、足元ではメーカーの系列販社からの仕入れもある」(同)。

スズキは2006年に鈴木修会長(当時、現在は会長兼社長)が「シェアでメシは食えない」と発言。ダイハツの後塵を拝しても、乱売合戦を仕掛けることを控えてきた。

しかし、11月の中間決算発表の席で鈴木会長は、「ここ8年くらい2位に甘んじている。負けてよし、勝ってよしではない。負けたら勝つことを考えるし、勝てばもっと引き離す」と、再び勝負にこだわる姿勢をうかがわせていた。

スズキは12月22日に新型「アルト」を発表。最後の最後までダイハツを突き放しにかかる。鈴木会長の執念は実るのだろうか。

(週刊東洋経済」2014年12月27日・1月3日号<12月22日発売>「核心リポート04」を転載)

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ビジネスに効く<br>最強の健康法

現代人の大きな悩みである健康。多忙なビジネスパーソンのため、すぐに実践でき即効性がある健康法を厳選。糖質制限簡易版に加え「ゾンビ体操」「これだけ体操」を大きなイラスト入りで紹介。健康経営、健康ビジネスに踏み出す企業も満載。