年末年始の会合を有意義に過ごすコツ 何度も顔を合わせる人に注目しよう

✎ 1〜 ✎ 77 ✎ 78 ✎ 79 ✎ 最新
印刷
A
A

注目すべきは、2回、3回目に会う人

そこで、こうした会合を有意義な時間にするヒントをひとつ紹介します。

やはり、重要なのは仕事上での新たな出会いです。そのため、面識のある人との「ごぶさたです」というあいさつも重要ですが、注目してほしいのは会合で2回、3回と顔を合わせる人がいないかという点です。

自分が出席する会合の参加者名簿で何回も目にした人。あるいは会合で面識はないが、よく顔を合わせる存在などです。

当方も、年末の各種会合で何回も顔を合わせる人が何人かいました。それは、新進気鋭の弁護士や、急成長中の飲食店経営者など、仕事でも活躍中の人物でした。当然ながら忙しい合間をぬっての参加に違いありません(もちろん、怪しい営業をする人にかかわらないような注意は必要ですが)。

そうして複数回も顔を合わせる人とは、何か縁があるに違いありません。親睦を深める機会を作ってみることをお勧めします。

1回目は偶然でしょうが、2回目は必然と言います。《袖振り合うも多生の縁》というのはまさにこのこと。

この「縁」を大事に考え、親睦を深めて、仕事につなげている人はたくさんいます。そもそも、忙しい時期にもかかわらず会合に出席する好奇心は似たような気質の持ち主であるに違いありません。「せっかくの縁を大事にしたいものですね」とお互いの自己紹介などして、接点を探してみてはどうでしょうか。きっと「趣味が一緒」であるなど、親しくなれるきっかけが何か見つかるはずです。

 

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT