有料会員限定

外国人との共生目指す 先行企業、自治体の奮闘 多分野ですでに浸透

印刷
A
A
トレーナーの指導を受けて接客する留学生の王さん(中央)(撮影:風間仁一郎)

特集「"移民”解禁、ニッポン経済浮沈の岐路」の他の記事を読む

日本で働く外国人は約130万人に上る。2019年4月に新在留資格が導入されるとその数は一層増える。受け入れ先行企業や自治体の取り組みから学べるところは多いはずだ。

「イラッシャイマセ」──。東京・高田馬場駅から徒歩10分のローソン下落合二丁目店では、中国出身の王梓行(おうしこう)さん(23)がたどたどしい日本語で接客する。

王さんは18年7月に来日。30時間の研修を受けた後、人手が足りない店舗に派遣されるスタッフとして働く予定だ。王さんは、「接客を通して日本語を上達させたい。日本語学校の留学生仲間もほぼコンビニで働く」と話す。

18年2月末時点で、大手3社であるセブン‐イレブン、ファミリーマート、ローソンの国内店舗数は5万1484店に上る。前年比826店増と拡大を続けるうえ、商品の補充や収納代行など業務は多岐にわたる。コンビニは技能実習制度の対象ではないが、留学生など外国人を先行して受け入れる業界の筆頭格だ。大手3社の店舗従業員に占める外国人の割合は6〜7.9%で、合計5万人を超える。ローソンの有元伸一・運営人財開発部長は、「初期研修の煩雑さから外国人を受け入れなかった時代もあったが、人手不足もあり年々増えている」と話す。語学力で選抜すると人手が足りず、王さんのように日本語は初心者でも熱意があれば採用されている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
"移民”解禁、ニッポン経済浮沈の岐路
問題噴出する現行制度の闇|内幕④
問題噴出する現行制度の闇|内幕③
問題噴出する現行制度の闇|内幕②
問題噴出する現行制度の闇|内幕①
米国|ハイテク、医療、農業に影響甚大
識者に聞く 改正入管法の問題点(2)
識者に聞く 改正入管法の問題点(1)
山尾志桜里氏「官邸が国民的議論を避けた」
与野党キーパーソンに聞く移民解禁の是非(2)
与野党キーパーソンに聞く移民解禁の是非(1)
多様な社会への道が開けた
作家 堺屋太一
経済界と安倍支持層を留め置くための弥縫策
厚切りジェイソン「本当に外国人を呼ぶ気あるの?」
あまりに閉鎖的な日本人
多分野ですでに浸透
新設「特定技能」は4月導入
Q&A
韓国|業種、受け入れ人数、送出国を限定
シンガポール|急増する単純労働者
台湾|すでに人口の3%を占める
"移民"解禁、ニッポン経済浮沈の岐路
単純労働の外国人受け入れへ大転換
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内