有料会員限定

悪質な日本語学校が蔓延 留学生や教師を食い物に 問題噴出する現行制度の闇|内幕②

印刷
A
A

急拡大する国際貧困ビジネス

借金で生活がアルバイト中心の留学生も(写真と本文は関係ありません)(撮影:今井康一)

特集「"移民”解禁、ニッポン経済浮沈の岐路」の他の記事を読む

改正入管法が成立し、日本は実質的な“移民国家”へと舵を切った。

デフレに伴う深刻な人手不足と急速な少子高齢化を鑑みれば、筆者は中長期的な外国人労働者の受け入れには賛成の立場だ。しかし、国会で十分な審議がされたとは到底思えない。毎年数千人の失踪者を出している技能実習制度が温存され、そこにポンと上乗せするような形で新たな在留資格「特定技能」が作られた。今後、全国各地で、大小さまざまな摩擦や不都合が顕在化するはずだ。

生活者としての外国人労働者が増えていった場合、大きな課題の1つになるのは言葉の問題だろう。

そのことは政府も認識していて、12月14日付の朝日新聞によれば、「日本語教育の水準向上のために日本語学校の管理強化を図る」ほか、「行政サービスの多言語化を進めたりする」という。

コンビニエンスストアや外食チェーンで働いている、私たちに最も身近な外国人は、ほとんどが留学生だ。彼らの多くは日本語学校や専門学校に通い、週28時間という制限の中でアルバイトをしている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
"移民”解禁、ニッポン経済浮沈の岐路
問題噴出する現行制度の闇|内幕④
問題噴出する現行制度の闇|内幕③
問題噴出する現行制度の闇|内幕②
問題噴出する現行制度の闇|内幕①
米国|ハイテク、医療、農業に影響甚大
識者に聞く 改正入管法の問題点(2)
識者に聞く 改正入管法の問題点(1)
山尾志桜里氏「官邸が国民的議論を避けた」
与野党キーパーソンに聞く移民解禁の是非(2)
与野党キーパーソンに聞く移民解禁の是非(1)
多様な社会への道が開けた
作家 堺屋太一
経済界と安倍支持層を留め置くための弥縫策
厚切りジェイソン「本当に外国人を呼ぶ気あるの?」
あまりに閉鎖的な日本人
多分野ですでに浸透
新設「特定技能」は4月導入
Q&A
韓国|業種、受け入れ人数、送出国を限定
シンガポール|急増する単純労働者
台湾|すでに人口の3%を占める
"移民"解禁、ニッポン経済浮沈の岐路
単純労働の外国人受け入れへ大転換
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内