生命保険は最小限に 日本の社会保障は充実

印刷
A
A

おカネの積み上がりを阻害せず目減りを最小限に抑える保険の用い方が人生100年時代の新常識となる。

(makaron* / PIXTA)

特集「保険の罠」の他の記事を読む

現在、高齢者はかなりの生命保険料を民間の生命保険会社に支払っている。1世帯が1年間に払う平均の保険料は60代で約39万円、70代で約33万円である。50歳から79歳までの保険料は総額で1000万円を超える。

長寿になればなるほど、老後資金は総額でこれまで以上にかさむことになる。長期にわたる多額の民間生保の保険料負担は、老後不安の解消どころか老後の生活を追い詰めることになりかねない。

営業職員に勧められるままに民間の生保に加入した人も多いだろう。だが、長寿の時代こそ、根拠の不明瞭な安心感ではなく、家計の危機管理策としての具体的な必要性を踏まえて、民間保険への加入や解約を検討するべきだ。

保険は深刻な経済的ダメージを回避するための有力な手段だが、民間保険を用いることがつねに合理的とは限らない。公的保障が充実していれば、民間保険の必要性が薄れるからだ。

保険加入で補完すべきは モノ・賠償リスク

人生におけるリスクを「モノと賠償」「ヒト」の二つに分類。「他人にケガを負わせた」「ひき逃げ被害に遭った」など、さまざまなケースごとに公的保障の充実度合いを点検したのが下の表だ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
保険の罠
弁護士を探すのは容易ではない
保険トラブル実例集3|大手生保編
»»PART3 誌上診断 私は保険に入りすぎ?
高齢者へ不当な営業 本人に無断で保険に加入
保険トラブル実例集2|郵便局編
生命保険を検討するなら覚えておこう
話術に感動するも、矛盾が見え隠れ
加入後も高額な費用が不明
»»PART2 ムダな保険に入らないために
保険トラブル実例集1|銀行窓販編
アフラック vs. 都道府県共済
変額保険
外貨建て保険
貯蓄性保険
長寿保険
終身保険
保険普及を促す役割は終えている
商品・特約別の給付実態開示を望む
健康増進型保険
介護・認知症保険
がん保険
医療保険
»»PART1 いらない保険すべて教えます
「保険を見直したいけどやめられない」
人生設計のやり直し、保険の見直しが必要
生命保険は最小限に
日本の社会保障は充実
保険の罠
生保が知られたくない本当の話
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内