有料会員限定

生命保険 4497人ネットアンケート 「保険を見直したいけどやめられない」

印刷
A
A

商品はシンプルに、販売手数料はしっかり開示してほしい。ネットアンケートからはそんな声が聞こえてくる。

(CORA / PIXTA)

特集「保険の罠」の他の記事を読む

消費者は生命保険に何を求めているのか、何が不満なのか──生保の実態を知るために、本誌は今回の生保特集に合わせてインターネットを通じアンケートを実施。4497人が回答した。

【調査概要】東洋経済のメールマガジン会員を対象に10月20日、25日、28日の3回に分けてインターネットで調査を実施。有効回答者数は4497人。回答者の属性は、年齢では50代が1473人で最多、次いで40代が1178人。職業は会社員が最多で2604人。居住地別では東京都が1301人、次いで神奈川県が579人。年収は1000万円以上が764人で最多、次いで400万円以上500万円未満が541人。既婚者が3556人。保険に加入していない人が413人。

まずは、自身が加入している保険の内容を把握しているかどうかを尋ねた。「十分把握している」と回答したのは4人に1人にすぎなかった。17%が「わからないことが多い」。「まったくわからない」も5%あった。二つを合わせると22%。保険会社にはこれまで以上にわかりやすく、かつ十分な説明が求められる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
保険の罠
弁護士を探すのは容易ではない
保険トラブル実例集3|大手生保編
»»PART3 誌上診断 私は保険に入りすぎ?
高齢者へ不当な営業 本人に無断で保険に加入
保険トラブル実例集2|郵便局編
生命保険を検討するなら覚えておこう
話術に感動するも、矛盾が見え隠れ
加入後も高額な費用が不明
»»PART2 ムダな保険に入らないために
保険トラブル実例集1|銀行窓販編
アフラック vs. 都道府県共済
変額保険
外貨建て保険
貯蓄性保険
長寿保険
終身保険
保険普及を促す役割は終えている
商品・特約別の給付実態開示を望む
健康増進型保険
介護・認知症保険
がん保険
医療保険
»»PART1 いらない保険すべて教えます
「保険を見直したいけどやめられない」
人生設計のやり直し、保険の見直しが必要
生命保険は最小限に
日本の社会保障は充実
保険の罠
生保が知られたくない本当の話
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内