有料会員限定

思っている以上にあなたは長生きする 人生設計のやり直し、保険の見直しが必要

印刷
A
A

だから保障が変わらない保険契約は将来無意味になる可能性がある。

イラスト:河南好美

特集「保険の罠」の他の記事を読む

「人生100年時代」という言葉をよく耳にする。今世紀に生まれた若者や子どもたちの寿命が100歳を超えるらしい、ということはご存じだろう。「中高年のわれわれにとってはあまり縁のなさそうな話」と思っていないだろうか。

試しに会社の同僚や同世代の友人・知人に、この質問をしてみてほしい。「きみは何歳まで生きられそう?」「何歳ぐらいを人生のゴールに設定しているの?」

おそらく年配の人ほど、低い年齢を答えるはずである。その理由は、平均寿命の推移を見ればわかる。今年60歳になった人は、1980年前後に社会人としてのスタートを切った。社会人になれば、それなりの人生設計をする必要に迫られる。そのとき、いちばん参考になるのが平均寿命。当時の男性の平均寿命は約73歳だ。

社会人1年生だった頃の彼らは、「自分の人生はあと50年か……!」と思ったのではないだろうか。まだ55歳が定年の時代で、「33年働いて、その後の余生は18年」と皮算用をしていたかもしれない。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
保険の罠
弁護士を探すのは容易ではない
保険トラブル実例集3|大手生保編
»»PART3 誌上診断 私は保険に入りすぎ?
高齢者へ不当な営業 本人に無断で保険に加入
保険トラブル実例集2|郵便局編
生命保険を検討するなら覚えておこう
話術に感動するも、矛盾が見え隠れ
加入後も高額な費用が不明
»»PART2 ムダな保険に入らないために
保険トラブル実例集1|銀行窓販編
アフラック vs. 都道府県共済
変額保険
外貨建て保険
貯蓄性保険
長寿保険
終身保険
保険普及を促す役割は終えている
商品・特約別の給付実態開示を望む
健康増進型保険
介護・認知症保険
がん保険
医療保険
»»PART1 いらない保険すべて教えます
「保険を見直したいけどやめられない」
人生設計のやり直し、保険の見直しが必要
生命保険は最小限に
日本の社会保障は充実
保険の罠
生保が知られたくない本当の話
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内