有料会員限定

一時払い外貨建て保険にご用心 加入後も高額な費用が不明

印刷
A
A

銀行が高齢者に勧める一時払い外貨建て保険。だが費用がいくらかは不明なままだ。

イラスト:河南好美

特集「保険の罠」の他の記事を読む

2002年に変額個人年金保険(保険金が運用結果によって増減する保険)を銀行が取り扱うようになった(銀行窓販の解禁)。ところが、「保険商品と知らなかった」「保険金が大きく目減りすることについて説明がなかった」などの苦情が相次いだ。

いま再び、銀行窓販の保険でトラブルになっているものがある。一時払い外貨建て保険である。昨年12月、国民生活センターは、この商品のトラブルが増えているとして注意喚起の報道発表をした。

一時払い外貨建て保険は、文字どおり外貨で運用される。従来の保険と同じで、個人年金保険、終身保険、養老保険などがある。保険料は、毎月支払うことも可能であるが、銀行窓販の場合、運用目的の一時払いが主流だ。

筆者はNPO法人の消費者団体のメンバーとして、生命保険の商品性や勧誘について長年ウォッチしてきた。そんな折、筆者宅に取引銀行である新生銀行から「満期を迎えるご資金についてご提案がある」と電話があった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
保険の罠
弁護士を探すのは容易ではない
保険トラブル実例集3|大手生保編
»»PART3 誌上診断 私は保険に入りすぎ?
高齢者へ不当な営業 本人に無断で保険に加入
保険トラブル実例集2|郵便局編
生命保険を検討するなら覚えておこう
話術に感動するも、矛盾が見え隠れ
加入後も高額な費用が不明
»»PART2 ムダな保険に入らないために
保険トラブル実例集1|銀行窓販編
アフラック vs. 都道府県共済
変額保険
外貨建て保険
貯蓄性保険
長寿保険
終身保険
保険普及を促す役割は終えている
商品・特約別の給付実態開示を望む
健康増進型保険
介護・認知症保険
がん保険
医療保険
»»PART1 いらない保険すべて教えます
「保険を見直したいけどやめられない」
人生設計のやり直し、保険の見直しが必要
生命保険は最小限に
日本の社会保障は充実
保険の罠
生保が知られたくない本当の話
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内