ヒドイ「市販おせち」、耐えられる3品は?

ヘタな冷凍で「味がガタ落ち」が9割!

N君:おせち料理といえば、まずはやっぱり「かまぼこ」ですよね。あの紅白カラーは欠かせない存在でしょう。

河岸:いきなりで申し訳ないけど、かまぼこはハッキリ言って、お正月がいちばんまずい。

N君:えっ、お正月がいちばんまずい? かまぼこなんて、いつ食べても同じような味じゃないですか? 

河岸:いや、かまぼこの味は、普段とお正月では全然違う。理由は正月のかまぼこは凍結解凍しているから。かまぼこは正月前に大量に売れるから、ニーズに合わせるため、事前に作り置きして冷凍しておくの。

N君:まさにクリスマスケーキと同じカラクリですね……。ちなみにケーキは、大手チェーンではクリスマスに限らず、日頃から「冷凍ケーキ」を売っている店が多いということでしたよね。かまぼこも普段から「冷凍かまぼこ」じゃないんですか?

河岸:いや、かまぼこは普段は冷凍しない。だからこそ「味の差」が大きい。

N君:なるほど。ということは、「いちばんおいしくないかまぼこ」をわざわざ正月用に買って食べているわけですか?

河岸:残念ながら、そのとおりだね(苦笑)。ケーキを年に1回、クリスマスのときしか食べないお父さんは、冷凍ケーキを食べて「ケーキなんて特においしいものじゃないな」という感想しか持てない。それと同じことが、かまぼこにも起こっているんだ。

N君:かまぼこなんて本当にお正月ぐらいしか食べないのに……(涙)。

味が落ちても、正月だから「高値」で売れる

N君:そもそも、おせち用のかまぼこって、普段と違って、高級品を売っているじゃないですか。1個800円とか1000円とかするものもありますよね。「うわ~、かまぼこって高いんだな」って年末の買い出しに行くたびに、ビックリします。

河岸:お正月用といっても、中身は普段と同じ。むしろ冷凍している分、「味はガタ落ち」している。でも、お正月は値段を高くしても売れるから、包装紙なんかを高級っぽいのに変えて、「あえて高く」売っているだけ。いつもは400円のものが、正月になると急に2000円に化けたりする(笑)。

N君:えーっ、そんなカラクリになっているんですか……。ショックだなぁ。

河岸:逆にいうと、お正月が終わったとたん、かまぼこはおいしくなるから、試しに買って食べてごらん。

N君:なるほど、正月明けに食べてみます! ほかにも、「正月用だけ冷凍していて、味がガタ落ちしているもの」ってありますか?

次ページ伊達巻もタケノコも「味がガタ落ち」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
介護大全<br>お金、仕組み、施設を全検証

突然、訪れる親の介護にどう向き合えばよいか。3640人へのアンケートによる経験者の声を基に、介護の悩みや不安の解消策を考える。介護保険サービス利用の全容、4つのケースで試算した介護費用、老後の住まい徹底比較など、具体例を満載。