ベルギー版フライドポテト、日本上陸の衝撃

世界遺産にも申請予定、その実力はいかに?

ベルギーの人口は約1120万人と日本の10分の1程度だが、今回のポムケのようなフライドポテト専門店が5500店舗も存在する。ベルギー政府は2015年にベルギーのフライドポテトをユネスコの世界文化遺産として申請する予定だ。

価格は日本で受け入れられるか

ナイレン取締役はテイクアウト客が7割と想定している

今回の日本上陸に際して、アレンジした点がいくつかある。その1つが保温性だ。

「ベルギーではほとんどの人が店でポテトを食べていくが、日本人はテイクアウト客が多い」(ナイレン取締役)。ポムケ側は7割の客がテイクアウトすると見込んでおり、保温を意識した揚げ方や容器を工夫した。

今後の展開については、「1日200人の来客数を目標にやっていくが、まずは1店目を軌道に乗せる」(同)と述べるにとどまり、具体的な出店計画は明示しなかった。ただ、将来的なFCでの展開も視野に入れ、拡大を図っていく構えだ。

外苑前に出したポムケの1号店

ポムケ1号店を出した外苑前のような都市部では、目新しさもあり当面は順調に推移するだろう。ただ、日本の国民食とされる牛丼が並盛で400円以下ということを考えると、ポテトのMサイズ550円という価格設定が日本の消費者に受け入れられるかどうか。

単価が高めの商品だけに、立地を見極めた店舗展開がベルギーポテトの生き残りを左右しそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。