ベルギー版フライドポテト、日本上陸の衝撃

世界遺産にも申請予定、その実力はいかに?

画像を拡大
ポムケのメニュー表

とはいえ、原材料の産地がベルギーというだけで、「ベルギーフライドポテト」と名乗れるわけではない。実はポテトの断面部分が「10ミリメートル×10ミリメートル」か「12ミリメートル×12ミリメートル」でなければならないという定義が存在するのだ。

この大きさ、かつ2度揚げをすることで、中はジャガイモらしいホクホクの食感を残しつつ、外はサクサクの食感を実現できる。これこそベルギーフライドポテトの特徴なのである。

価格はMサイズで550円(税別、以下同)、Lサイズ650円。そのほか、ポテトに付けるマヨネーズやケチャップなど5種類のソース(100~150円)を販売。牛肉や野菜をビールで煮込んだベルギーの郷土料理「カルボナード」(550円)などのサイドメニューやベルギービールも提供する。

実はベルギーの国民食だった

フライドポテトについて力説するリーバウト大使

だが、1つの疑問が残る。なぜベルギーのフライドポテトなのか。「実はフライドポテトは米国やフランスではなく、ベルギー発祥である」。こう主張するのはリュック・リーバウト駐日ベルギー大使だ。

17世紀後半のこと、ベルギーのとある地域では、川で魚を捕って油で揚げて食べていた。ところが寒い冬になると、川が凍って漁ができない。そこで、魚の代わりにジャガイモを細く切って揚げてみたところ、おいしいと評判になり国中に広まった。以来、「ベルギーではフライドポテトが国民食として親しまれてきた」(リーバウト大使)。

次ページ日本での勝算は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。