ベルギー版フライドポテト、日本上陸の衝撃

世界遺産にも申請予定、その実力はいかに?

画像を拡大
ポムケのメニュー表

とはいえ、原材料の産地がベルギーというだけで、「ベルギーフライドポテト」と名乗れるわけではない。実はポテトの断面部分が「10ミリメートル×10ミリメートル」か「12ミリメートル×12ミリメートル」でなければならないという定義が存在するのだ。

この大きさ、かつ2度揚げをすることで、中はジャガイモらしいホクホクの食感を残しつつ、外はサクサクの食感を実現できる。これこそベルギーフライドポテトの特徴なのである。

価格はMサイズで550円(税別、以下同)、Lサイズ650円。そのほか、ポテトに付けるマヨネーズやケチャップなど5種類のソース(100~150円)を販売。牛肉や野菜をビールで煮込んだベルギーの郷土料理「カルボナード」(550円)などのサイドメニューやベルギービールも提供する。

実はベルギーの国民食だった

フライドポテトについて力説するリーバウト大使

だが、1つの疑問が残る。なぜベルギーのフライドポテトなのか。「実はフライドポテトは米国やフランスではなく、ベルギー発祥である」。こう主張するのはリュック・リーバウト駐日ベルギー大使だ。

17世紀後半のこと、ベルギーのとある地域では、川で魚を捕って油で揚げて食べていた。ところが寒い冬になると、川が凍って漁ができない。そこで、魚の代わりにジャガイモを細く切って揚げてみたところ、おいしいと評判になり国中に広まった。以来、「ベルギーではフライドポテトが国民食として親しまれてきた」(リーバウト大使)。

次ページ日本での勝算は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • おとなたちには、わからない
  • コロナショック、企業の針路
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
老舗「レナウン」が経営破綻<br>アパレル淘汰・再編の序章

名門アパレルのレナウンが民事再生の手続きに入りました。親会社「山東如意」が再建に見切りをつけ、新たなスポンサー探しは難航が予想されます。ほかのアパレルも店舗閉鎖や売り場撤退が予定され、百貨店に多大な影響が出そうです。