処方箋争奪戦が勃発! 火種は調剤ポイント 

印刷
A
A

 

 

反面、ポイントサービスで窮地に追い込まれるのが、大多数を占める小規模経営の「パパママ薬局」だ。すでに政府による薬価改定で利幅は薄くなるばかり。ポイントを導入したとしても「1%は中小薬局にとって大きな負担」(船井総合研究所の早川茂経営コンサルタント)で、致命傷になりかねない。また、1%という還元率も「各社の自由な判断に任せる」(日本チェーンドラッグストア協会)と、あくまで基準。

今後競争の激化に伴ってポイント還元率が高まれば、中小だけでなく、大手も厳しい戦いを強いられる。処方箋をめぐる争奪戦は一段と過熱しそうだ。

 

 

(島田知穂 撮影:尾形文繁 =週刊東洋経済2011年1月8日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT