ソニースマホ、「チャレンジャー作戦」の行方

十時新社長が考える差異化戦略とは?

――(キャリア経由でなく、メーカーが独自展開する)オープンマーケットはどこで伸びていくのか。

そこは非常に考えどころ。オペレーター(キャリア)と話していると、オープンマーケットが伸びていくのが好ましいとは思っていないのは事実だ。そのせめぎ合いの中で、どこを攻めていくか、タイミングを含めて決めていくことが重要。その見極めは慎重にやりたい。

――構造改革によって発生する余剰人材はどう活用するのか。

構造改革は今、プランの最中だ。2015年2月くらいの事業計画の完成に向け、練っている段階。具体的には答えるのは難しいが、今も正社員だけではなくて、外部の協力会社などを使っているケースも相当ある。まずは、そういうところの見直しから入っていく。

ハードで差別化図る

――スマホを主流としたビジネスは、いつまで続くと考えるのか。

われわれのビジネスはオペレーターが相手なので、15年度くらいまではある程度(ビジネスが)固まっている。その次の形は、軽々しく申し上げられないが、今のスマホの見た目が、大きく変わっていくというのはそう簡単ではないと思う。

従って、今の形状で、使い勝手とかにフィーチャーし、IoT(インターネット・オブ・シングス)の流れの中で、周辺機器やサービスを含めて提案したほうがいいと思っている。

――アンドロイドOSのスマホでは、差別化は難しいと思う。あくまでハードの差別化を志向するのか。

ソフトでの差別化で言うと、例えばApps(アプリケーション)のような話になる。そのビジネスを否定はしないが、これまでもさんざんやったが、参入障壁がほとんどないので、100やって95は事業としてはダメの世界。それを事業計画のメインストリームに置くのは難しい。

アンドロイドはオープンプラットフォームの世界であり、あくまでテクノロジーやハードウェアで差異化したほうが、優位性は長く保てると考えている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。