最新版!「スマホアプリ」人気ランキング

スマニューが米市場でニュースアプリ首位に

続いて、アプリケーションカテゴリのスマホアプリについてみていこう。ダウンロード数でも売り上げでも首位はLINE。売り上げランキングをみると1位から3位までをLINEが占めており、その強さがよくわかる。

また売り上げの上位には、いわゆる出会い系サービスが2社ランクインしている。ミクシィがLINEから買収したワイワイシー、エウレカが運営するペアーズだ。ワイワイシーは累計登録者数800万人、ペアーズは180万人突破をうたっており、高い人気を誇っているようだ。

また売り上げランキングの3位と9位に電子書籍アプリが付けている。ちなみに10月の10位は紀伊国屋の電子書籍アプリKinoppyだった。上位には電子書籍アプリが多いことがわかる。

App Annieのランキングページには、これ以外のカテゴリとして、「地図&ナビゲーション」「ミュージック」「お知らせ」「旅行&交通情報」が掲載されている。iOS、Androidそれぞれのランキング、さらに一部のカテゴリでは国ごとのランキングも掲載されており、最新の人気アプリの動向を掴むことができる。

スマートニュースが米国でトップに

「お知らせ」カテゴリでは、米国市場のみ掲載されているが、このカテゴリでダウンロード数トップに躍り出たのが、10月2日のバージョンアップの際に米国市場にも対応させたスマートニュースだ。並み居る米国製アプリを押さえての首位獲得は画期的といえるだろう。

ただしOSごとにブレイクダウンするとiOS版は5位から8位に後退している。スマートニュースはAndroidユーザーの間で人気が高いようだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT