有料会員限定

トランプ勝利でなぜ円安が進んだか ブレグジットでは円高だったのに

✎ 1〜 ✎ 22 ✎ 23 ✎ 24 ✎ 最新
拡大
縮小
トランプ氏の勝利が判明した直後は、円高になったが…(2016年11月9日撮影/撮影:尾形文繁)

特集「親子で学ぶ経済入門」の他の記事を読む

[息子]卒業旅行でハワイに行ったけど、円安で損した気分だよ。

[父]去年11月の米大統領選挙から年末にかけて、円安が急に進んだな。英国のEU(欧州連合)離脱決定のときは円高になったのに。

 

毎日のニュースで目にする、円高や円安という言葉。とりわけ日本で話題になるのは、円と米ドル(以下、ドル)の為替レートだ。これは円とドルをいくらで交換するかの比率のこと。1ドル=100円(1円=0.01ドル)から1ドル=80円になったら、ドルに対し円の価値が上がった(1円=0.0125ドル)、つまり円高。逆に1ドル=120円になったら、ドルに対し円の価値が下がった(1円=0.0083ドル)、つまり円安だ。

この交換比率は、「円の需要とドルの需要のどちらが多いか」で決まる。要因はさまざまあるが、たとえば貿易では、輸出入の際に外国為替の取引が必要になる。輸出のときには、輸出先で得た外貨での売り上げを自国通貨に替え、輸入のときは逆に自国通貨を外貨に替えて商品を購入する。輸出のほうが輸入より多い貿易黒字国では、外貨より自国通貨の需要が高まり、通貨高になる。逆に輸入のほうが輸出より多い貿易赤字国では、自国通貨の価値が下がりやすい。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
親子で学ぶ経済入門
緊縮疲れと支援疲れでEUに不満
懸念だらけの中国経済
政治・通商・外交、第一線の専門家が分析
[特別講義]水島治郎・千葉大学教授
▶▶Part3 世界情勢の読み方
3月にジャスダック市場上場
[INTERVIEW]井上智洋・駒沢大学専任講師
[INTERVIEW]落合陽一・筑波大学助教
自動車産業は100年に一度の変革期
ネット通販急拡大で物流がパンク
あの東芝が不正会計をするとは…
▶▶Part2 産業・企業動向を知る
平野ノラの「バブル女あるある」がうけるワケ
田中康夫と永野健二の心象風景
グラフ化してみたら見事に連動!
円安進行で株価は上昇してきたが
[INTERVIEW]玉木伸介・大妻女子大学短期大学部教授
[INTERVIEW]永野仁・明治大学教授
[INTERVIEW]安藤至大・日本大学准教授
[INTERVIEW]井手英策・慶応義塾大学教授
その他の記事はこちら
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内