有料会員限定

中国の不動産バブルが崩壊? 懸念だらけの中国経済

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小
3月の全人代で成長率目標が6.5%前後に設定された(AFP=アフロ)

特集「親子で学ぶ経済入門」の他の記事を読む

[父]中国経済には息切れ感が見られるな。成長率目標も下方修正した。

[息子]これまで世界経済の成長を支える存在だっただけに、先行きが心配だね。

 

2016年の中国の実質GDP成長率は前年比6.7%増と、15年を0.2%ポイント下回った。10年の10.6%をピークに6年連続で減速したことになる。

産業別で見ると、農業などの第1次産業が前年比3.3%増と低水準だった。世界の工場としてこれまで成長を牽引してきた製造業など第2次産業も、輸出が伸び悩んだうえ、生産設備の過剰感が顕著になったことで6.1%増にとどまった。

成長を支えたのは前年比7.8%増となった第3次産業だ。細かく見ると、卸・小売業や宿泊飲食業が6%台後半、金融業は5%台後半にとどまる一方で、突出して成長したのは不動産業(8.6%増)だった。

需要別で見てみると、最終消費が4.3%(0.2%ポイント増)、投資を示す総資本形成が2.8%(0.1%ポイント減)、純輸出がマイナス0.5%(0.4%ポイント減)で、国内消費に支えられていたことがわかる。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
親子で学ぶ経済入門
緊縮疲れと支援疲れでEUに不満
懸念だらけの中国経済
政治・通商・外交、第一線の専門家が分析
[特別講義]水島治郎・千葉大学教授
▶▶Part3 世界情勢の読み方
3月にジャスダック市場上場
[INTERVIEW]井上智洋・駒沢大学専任講師
[INTERVIEW]落合陽一・筑波大学助教
自動車産業は100年に一度の変革期
ネット通販急拡大で物流がパンク
あの東芝が不正会計をするとは…
▶▶Part2 産業・企業動向を知る
平野ノラの「バブル女あるある」がうけるワケ
田中康夫と永野健二の心象風景
グラフ化してみたら見事に連動!
円安進行で株価は上昇してきたが
[INTERVIEW]玉木伸介・大妻女子大学短期大学部教授
[INTERVIEW]永野仁・明治大学教授
[INTERVIEW]安藤至大・日本大学准教授
[INTERVIEW]井手英策・慶応義塾大学教授
その他の記事はこちら
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内