有料会員限定

1割の人が働く世界、残り9割は国が養う [INTERVIEW]井上智洋・駒沢大学専任講師

印刷
A
A

駒沢大学経済学部 専任講師 井上智洋

いのうえ・ともひろ●慶応義塾大学卒業。早稲田大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。2015年から現職。専門はマクロ経済学。(撮影:今井康一)

特集「親子で学ぶ経済入門」の他の記事を読む

1割の人が働く世界、残り9割は国が養う

──AI(人工知能)は社会にどういった影響をもたらすのでしょうか?

特化型AIと汎用型AIに分けることが重要だ。今あるのはすべて特化型で、囲碁のAIなら囲碁だけ、と決められたタスクしかできない。一方人間は、囲碁もチェスもできる汎用的な知性を持っている。

特化型AIの時代では、根こそぎ仕事が奪われることはない。それでも特定の職業はなくなる。「仕事は奪われない」と断言する人もいるが、いかなる技術もこれまで多かれ少なかれ仕事を奪ってきた。

米国では特化型AIによって、法廷で使う書類を作成する弁護士助手の仕事が急速に奪われている。金融や会計など数値情報を操作する仕事も代替されやすい。銀行の融資などに少しずつAIが導入されている。

──汎用型AIは?

汎用型AIは人間と同じくらい、さまざまなことができる。登場すれば本当に世の中がガラッと変わる。研究者は2030年に実現すると予想しており、私もそれを踏襲している。まともに働ける人口が1割程度になる可能性もある。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
親子で学ぶ経済入門
緊縮疲れと支援疲れでEUに不満
懸念だらけの中国経済
政治・通商・外交、第一線の専門家が分析
[特別講義]水島治郎・千葉大学教授
▶▶Part3 世界情勢の読み方
3月にジャスダック市場上場
[INTERVIEW]井上智洋・駒沢大学専任講師
[INTERVIEW]落合陽一・筑波大学助教
自動車産業は100年に一度の変革期
ネット通販急拡大で物流がパンク
あの東芝が不正会計をするとは…
▶▶Part2 産業・企業動向を知る
平野ノラの「バブル女あるある」がうけるワケ
田中康夫と永野健二の心象風景
グラフ化してみたら見事に連動!
円安進行で株価は上昇してきたが
[INTERVIEW]玉木伸介・大妻女子大学短期大学部教授
[INTERVIEW]永野仁・明治大学教授
[INTERVIEW]安藤至大・日本大学准教授
[INTERVIEW]井手英策・慶応義塾大学教授
[INTERVIEW]藤野英人・レオスキャピタルワークス社長
デフレ脱却を掲げるアベノミクス
ブレグジットでは円高だったのに
[特別講義]伊藤元重・学習院大学教授
▶▶Part1 日本経済の読み方
親子で学ぶ経済入門
1テーマ5分でわかる
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内