有料会員限定

世界中に広がるポピュリズムを解明しよう [特別講義]水島治郎・千葉大学教授

印刷
A
A

千葉大学教授 水島治郎

英国のEU(欧州連合)離脱決定や米国のトランプ政権誕生を契機に「ポピュリズム」(大衆迎合主義)という言葉が流行語のように広がっているが、その言葉の本質を認識している日本人は少ないかもしれない。昨年の発売以来、評判を集めている新書、『ポピュリズムとは何か』。その著者で千葉大学教授の水島治郎氏に、ポピュリズムの歴史やポイントを解説してもらおう。

みずしま・じろう●1967年生まれ。甲南大学助教授を経て、千葉大学法政経学部教授。専門はオランダ政治史、ヨーロッパ政治史など。(撮影:尾形文繁)

特集「親子で学ぶ経済入門」の他の記事を読む

変化に敏感な欧州小国

最近の選挙で注目されたオランダ、あるいはデンマークなど北欧諸国は小国であるがゆえに時代の変化を受け入れて改革していくというところがあります。デンマークは1980年代初頭から風力発電を取り入れているし、障害者の社会参加でも先進的でした。オランダは世界で初めて同性間結婚を制度化した。結局、小国というのはある意味、実験場的な役割を担っていて、そこから大国が学ぶという流れができています。

世界最初の株式会社である東インド会社を作ったのがオランダ。驚かれると思いますが、今、世界第2位の農産物輸出国でもあります。農業就業人口は1%くらいですが、大規模でオートマチックに農業を展開しています。フィリップスという電機メーカーは日立や東芝のライバルとして知られてきましたが、すでに医療機器に特化しています。「先を読んでいる」と思いませんか。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
親子で学ぶ経済入門
緊縮疲れと支援疲れでEUに不満
懸念だらけの中国経済
政治・通商・外交、第一線の専門家が分析
[特別講義]水島治郎・千葉大学教授
▶▶Part3 世界情勢の読み方
3月にジャスダック市場上場
[INTERVIEW]井上智洋・駒沢大学専任講師
[INTERVIEW]落合陽一・筑波大学助教
自動車産業は100年に一度の変革期
ネット通販急拡大で物流がパンク
あの東芝が不正会計をするとは…
▶▶Part2 産業・企業動向を知る
平野ノラの「バブル女あるある」がうけるワケ
田中康夫と永野健二の心象風景
グラフ化してみたら見事に連動!
円安進行で株価は上昇してきたが
[INTERVIEW]玉木伸介・大妻女子大学短期大学部教授
[INTERVIEW]永野仁・明治大学教授
[INTERVIEW]安藤至大・日本大学准教授
[INTERVIEW]井手英策・慶応義塾大学教授
[INTERVIEW]藤野英人・レオスキャピタルワークス社長
デフレ脱却を掲げるアベノミクス
ブレグジットでは円高だったのに
[特別講義]伊藤元重・学習院大学教授
▶▶Part1 日本経済の読み方
親子で学ぶ経済入門
1テーマ5分でわかる
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内