有料会員限定

自動運転はいつ実用化されるの? 自動車産業は100年に一度の変革期

印刷
A
A

特集「親子で学ぶ経済入門」の他の記事を読む

[父]まず高速道路とかで条件付きで走り始めるみたいだ。

[息子]それなら、案外早く乗れるかもね。楽しみだ。

 

自動運転車の社会へのインパクトは「フォードが100年前にベルトコンベヤー方式で自動車の大量生産を始めたのに匹敵する」。

米フォード・モーターのマーク・フィールズ最高経営責任者(CEO)がそう意気込むように、自動運転車の登場を目前に自動車業界は今、100年に一度の大変革期を迎えている。

自動運転車は大きく分けて二つの用途が想定される。一つが事業用車だ。過疎地や限定エリアでの無人移動サービスや、配車サービスで利用される自動運転車が想定される。

もう一つが自家用車だ。高速道路で真っ先に実用化され、その後、一般道でも実用化されることが見込まれている。

安倍晋三首相が「2020年の東京オリンピック・パラリンピックで無人自動走行による移動サービスや高速道路での自動運転が可能となるようにする」と発言したこともあり、17年は国内での自動運転の実現に向け、実証実験や制度整備が加速する年として位置づけられている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
親子で学ぶ経済入門
緊縮疲れと支援疲れでEUに不満
懸念だらけの中国経済
政治・通商・外交、第一線の専門家が分析
[特別講義]水島治郎・千葉大学教授
▶▶Part3 世界情勢の読み方
3月にジャスダック市場上場
[INTERVIEW]井上智洋・駒沢大学専任講師
[INTERVIEW]落合陽一・筑波大学助教
自動車産業は100年に一度の変革期
ネット通販急拡大で物流がパンク
あの東芝が不正会計をするとは…
▶▶Part2 産業・企業動向を知る
平野ノラの「バブル女あるある」がうけるワケ
田中康夫と永野健二の心象風景
グラフ化してみたら見事に連動!
円安進行で株価は上昇してきたが
[INTERVIEW]玉木伸介・大妻女子大学短期大学部教授
[INTERVIEW]永野仁・明治大学教授
[INTERVIEW]安藤至大・日本大学准教授
[INTERVIEW]井手英策・慶応義塾大学教授
[INTERVIEW]藤野英人・レオスキャピタルワークス社長
デフレ脱却を掲げるアベノミクス
ブレグジットでは円高だったのに
[特別講義]伊藤元重・学習院大学教授
▶▶Part1 日本経済の読み方
親子で学ぶ経済入門
1テーマ5分でわかる
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内