有料会員限定

日産・ゴーン改革は日本的経営を変えたか ▶▶Part2 産業・企業動向を知る

印刷
A
A

特集「親子で学ぶ経済入門」の他の記事を読む

日産自動車に仏ルノーから派遣され、経営再建を果たしたカルロス・ゴーン氏。日本企業の経営にも大きな影響を与えた。ゴーン氏が変えたものは何か。自動車産業アナリストの中西孝樹氏に聞いた。

ナカニシ自動車産業リサーチ 代表兼アナリスト 中西孝樹
なかにし・たかき●米オレゴン大学卒。1994年以来一貫して証券会社等で自動車産業調査に従事。2013年から現職。(撮影:尾形文繁)

──初めて会ったときの印象は?

イメージはもう最初からコストカッター。ルノーのCOO(最高執行責任者)をしていたときにアナリスト向けのプレゼンを聞いたが、「聖域なきコストカット」をとにかく力説していた。すごいやり手で本当にコストを絞り上げる人間というイメージ。日産入りで、たいへん面白いことになるのではという期待があった。

──最初の日産リバイバル・プラン(NRP)をどう受け止めましたか?

国内工場閉鎖や人員削減はある程度想定していたが、やはり驚いたのは「系列解体」だ。日産が保有する株式を4社を除いてすべて売却し、取り引きするサプライヤーを半減すると高らかに宣言したのだから。もう一つ驚いたのは購買コストを3年間で20%も削減するという話。日本の常識では考えられず、話を聞いて、「日産のサプライヤーはこれから大変だ」と息をのんだ記憶がある。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
親子で学ぶ経済入門
緊縮疲れと支援疲れでEUに不満
懸念だらけの中国経済
政治・通商・外交、第一線の専門家が分析
[特別講義]水島治郎・千葉大学教授
▶▶Part3 世界情勢の読み方
3月にジャスダック市場上場
[INTERVIEW]井上智洋・駒沢大学専任講師
[INTERVIEW]落合陽一・筑波大学助教
自動車産業は100年に一度の変革期
ネット通販急拡大で物流がパンク
あの東芝が不正会計をするとは…
▶▶Part2 産業・企業動向を知る
平野ノラの「バブル女あるある」がうけるワケ
田中康夫と永野健二の心象風景
グラフ化してみたら見事に連動!
円安進行で株価は上昇してきたが
[INTERVIEW]玉木伸介・大妻女子大学短期大学部教授
[INTERVIEW]永野仁・明治大学教授
[INTERVIEW]安藤至大・日本大学准教授
[INTERVIEW]井手英策・慶応義塾大学教授
[INTERVIEW]藤野英人・レオスキャピタルワークス社長
デフレ脱却を掲げるアベノミクス
ブレグジットでは円高だったのに
[特別講義]伊藤元重・学習院大学教授
▶▶Part1 日本経済の読み方
親子で学ぶ経済入門
1テーマ5分でわかる
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内