有料会員限定

サザエさん視聴率急落させたテレビの根本変化 スマホ普及で「暇潰し」で見られなくなった

印刷
A
A

今年10月、ビデオリサーチ社は関東地区の視聴率調査において、「タイムシフト(録画再生)視聴率」という新指標を誕生させた。現状、テレビ広告の指標として用いられているのは、テレビ放送と同時での視聴を示す「リアルタイム視聴率」のみだが、タイムシフト視聴率は、放送番組を録画後7日内に再生して見る人の割合を示す指標となる。

ビデオリサーチ社によると、TBSテレビで放送されているドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の初回は、リアルタイム視聴率10.2%に対して、タイムシフト視聴率10.6%。今や録画再生視聴のほうが多い番組もあることがわかった。

録画再生視聴は、家族などほかの人に邪魔されない時間にじっくり番組を見る行為、つまり「専念視聴」を意味する。テレビに集中しているという点で考えると、その瞬間に見ることが重要なニュースやスポーツ中継もまた専念視聴だといえるだろう。今、こうしたテレビの見方が相対的に増えている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
そのメディアにおカネを払いますか?
ラジオ101局が聴ける「ラジコ」が最終形か
スマホ普及で「暇潰し」で見られなくなった
ツイッター凋落してもスナップチャットが来る
映画界の常識を超えた「農業型」集客モデル
マス広告の商習慣はネットでは通用しない
ソフトバンクはBリーグ、スポーツ配信が熱い
脱・テレビ依存なるか、制作会社の新金脈
▶▶PartⅡ過熱する争奪戦・広告マネー
不祥事後に就任した渡辺雅隆社長に聞く
系列を超えた再編・淘汰がいよいよ近づく
米携帯電話2位が有力メディアを巨額買収
英ニュース誌ザ・ウィークが紙で成功した理由
英メディア調査会社CEOに聞く未来メディア
今の新聞業界にはデジタルの爆発が起きている
FTアジア太平洋地域GM、マッカイ氏に聞く
デジタル読者の開拓で先行する新聞同士の統合
講談社は1000作品超がなお消えたまま
課金で成長のNewsPicksなど個性派続々
若者はニュースをスマホ・無料でしか読まない
受信料制度のほころび、存在意義も問われる
高市早苗・総務相が見るNHKと放送の未来
映画監督・是枝裕和が放送と政治の関係を斬る
有料メディアの筆頭、動き出した改革論議
テレビ、新聞から企業も個人も離れていく
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内