有料会員限定

ネットフリックスが深夜食堂を獲得できたワケ 脱・テレビ依存なるか、制作会社の新金脈

印刷
A
A

[ポイント1]
TBS系ドラマ「深夜食堂」新作は動画配信のネットフリックスへ移った。世界同時配信で利益が見込めればテレビ放送より有利との判断だ

[ポイント2]
昨年は動画配信元年と言われた。アマゾンプライム・ビデオやHuluが相次いで進出、オリジナル作品で差別化を図っている

[ポイント3]
若者のテレビ離れは深刻で、フジテレビはネットフリックスと提携。一方、制作会社は著作権を手に入れるためネット独自作品を選ぶ

 

ネットフリックス版「深夜食堂」のイベントにはファンや海外メディアも参加した(©2016安倍夜郎・小学館/ドラマ 「深夜食堂」製作委員会)

特集「そのメディアにおカネを払いますか?」の他の記事を読む

人気ドラマシリーズ「深夜食堂」の新作が、動画配信サービスの米ネットフリックスへ“移籍”した。10月21日から「深夜食堂─Tokyo Stories─」として、世界190カ国で同時配信を開始した。

ドラマの舞台は繁華街の路地裏にある小さな食堂「めしや」。マスター役を小林薫が演じ、不破万作、綾田俊樹、光石研、松重豊、オダギリジョーらが常連客役だ。

2009年10月にTBS系列各局の深夜枠で放送された同ドラマは、見るとお腹がすいてくる“飯テロドラマ”の先駆け的存在としてファンを増やした。11年に第2部、14年に第3部が放送され、15年には映画化されている。全国80館という小規模な上映にもかかわらず、興行収入2.5億円、動員数20万人を記録した。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
そのメディアにおカネを払いますか?
ラジオ101局が聴ける「ラジコ」が最終形か
スマホ普及で「暇潰し」で見られなくなった
ツイッター凋落してもスナップチャットが来る
映画界の常識を超えた「農業型」集客モデル
マス広告の商習慣はネットでは通用しない
ソフトバンクはBリーグ、スポーツ配信が熱い
脱・テレビ依存なるか、制作会社の新金脈
▶▶PartⅡ過熱する争奪戦・広告マネー
不祥事後に就任した渡辺雅隆社長に聞く
系列を超えた再編・淘汰がいよいよ近づく
米携帯電話2位が有力メディアを巨額買収
英ニュース誌ザ・ウィークが紙で成功した理由
英メディア調査会社CEOに聞く未来メディア
今の新聞業界にはデジタルの爆発が起きている
FTアジア太平洋地域GM、マッカイ氏に聞く
デジタル読者の開拓で先行する新聞同士の統合
講談社は1000作品超がなお消えたまま
課金で成長のNewsPicksなど個性派続々
若者はニュースをスマホ・無料でしか読まない
受信料制度のほころび、存在意義も問われる
高市早苗・総務相が見るNHKと放送の未来
映画監督・是枝裕和が放送と政治の関係を斬る
有料メディアの筆頭、動き出した改革論議
テレビ、新聞から企業も個人も離れていく
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内