有料会員限定

ジャパンバッシング(1969~1988年) 戦後史超入門・証言でたどる日米70年(2)

印刷
A
A

日本は1960年代後半、日韓基本条約の批准やアジア開発銀行の設立など、米国の期待以上に東アジアでの日本の役割を拡大していく。だが、米国のベトナム戦争の挫折をきっかけに、70~80年代に入ると日米関係は政治、経済の両面できしみが生じ始める。

共産主義のドミノ化を恐れた米国がベトナム戦争に本格介入したのは65年。だが、戦況はますます泥沼化。69年に就任したニクソン米大統領は、ベトナムからの段階的な撤兵と同盟国への軍事負担の肩代わりを主張し、日本にも従来以上の軍備強化を求めていた。そんな中で起きたのが、日本頭越しの米中接近だった。

日本車をたたき壊す米国人労働者の姿が日本のテレビに映し出された(KPS)

特集「日米関係の大不安」の他の記事を読む

TOPICS 4
外交と経済のニクソンショック

71年7月9日、大統領補佐官のキッシンジャーが極秘訪中し、周恩来首相と会談。帰国後の同15日に、ニクソン大統領自らが翌年に訪中することをテレビで電撃発表した。

このとき米国は中国に、北ベトナムとの和平交渉の仲介役を求めていた。一方、中国は対立していたソ連の核攻撃の脅威に加え、日米が背後で同盟関係を強めていることに安全保障上の懸念を抱いていた。米国は、米中ソの戦略的三角関係を作りソ連を牽制したのである。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
日米関係の大不安
TPPとRCEPの双方に参加する日本の戦略
プロの警鐘(3)エネルギー/寺島実郎
「ミスター円」元財務官の榊原英資氏に聞く
▶▶PartⅢ日米経済の焦点/「円」の未来
プロの警鐘(2)ビジネス/大前研一
中国の覇権国化に警戒強める日本とロシア
アジア太平洋地域を舞台に激化する覇権争奪戦
これはネオリベラリズムの終わりの始まりか
中国とロシアはなぜトランプを支持するのか
プロの警鐘(1)地政学/佐藤優
そもそも沖縄の地理的優位性はどうなのか
▶▶PartⅡ日米関係の明日/同盟のコスト
識者に聞く「日米同盟は「瀕死」ですか?」
INTERVEWイアン・ブレマー、丹羽宇一郎
今だから考える日米関係「日本は『属国』か」
戦後史超入門・証言でたどる日米70年(3)
戦後史超入門・証言でたどる日米70年(2)
▶▶PartⅠ日米関係総点検/戦後史(1)
日米同盟のコストとリターンを徹底検証!
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内