有料会員限定

中国が試す日米の抑止力、日本がすべきことは アジア太平洋地域を舞台に激化する覇権争奪戦

✎ 1〜 ✎ 6 ✎ 7 ✎ 8 ✎ 最新
拡大
縮小
任期満了間近のオバマ大統領は今年9月に杭州で習近平主席と首脳会談を行った(ロイター/アフロ)

特集「日米関係の大不安」の他の記事を読む

中国の台頭によって、アジア太平洋地域の情勢が曲がり角にきている。地域内でのパワー分布に変化が生じているからだ。そして、米中それぞれの国家戦略にも変化の兆しが見える。だが、その先には、日本が必ずしも楽観できない風景が広がっているかもしれない。

2015年、日本政府は「平和安全法制(安保法制)」を成立させた。同法制を議論する際、日本政府は「日本の『安全保障環境』は、ますます厳しさを増している」と強調している。

政府は直接の言及を避けようとしたが、多くの日本人は、その原因が中国にあるという印象を持っているだろう。日本が中国の言動に敏感なのには、「脅威の近接性」も関係している。自国に近い相手に対しては脅威認識が高くなりがちなのだ。

それを差し引いても、日本が中国の動向に敏感になるのは正しい。しかしその理由は、日本の領土に対する軍事攻撃といったレベルのものではない。中国は、現在の国際秩序そのものを変えようとしているのだ。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
日米関係の大不安
TPPとRCEPの双方に参加する日本の戦略
プロの警鐘(3)エネルギー/寺島実郎
「ミスター円」元財務官の榊原英資氏に聞く
▶▶PartⅢ日米経済の焦点/「円」の未来
プロの警鐘(2)ビジネス/大前研一
中国の覇権国化に警戒強める日本とロシア
アジア太平洋地域を舞台に激化する覇権争奪戦
これはネオリベラリズムの終わりの始まりか
中国とロシアはなぜトランプを支持するのか
プロの警鐘(1)地政学/佐藤優
そもそも沖縄の地理的優位性はどうなのか
▶▶PartⅡ日米関係の明日/同盟のコスト
識者に聞く「日米同盟は「瀕死」ですか?」
INTERVEWイアン・ブレマー、丹羽宇一郎
今だから考える日米関係「日本は『属国』か」
戦後史超入門・証言でたどる日米70年(3)
戦後史超入門・証言でたどる日米70年(2)
▶▶PartⅠ日米関係総点検/戦後史(1)
日米同盟のコストとリターンを徹底検証!
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内