有料会員限定

米国の腰砕けで混迷、TPP再起動の条件 TPPとRCEPの双方に参加する日本の戦略

印刷
A
A

[ポイント1]
大統領選挙で政策論争が深まらない中、TPPへの反対姿勢だけは両候補の姿勢が一致。今後交渉が暗礁に乗り上げたとき日本はどうすべきか

[ポイント2]
TPPには経済的な狙いに加え、安全保障も射程に入れた外交的な狙いがある。もたつくTPPを尻目に、中国主導の経済圏作りが着々と進んでいる

[ポイント3]
ただ、中国主導のRCEPはせいぜい関税の引き下げが中心。RCEP交渉に臨む日本には、それをTPP交渉に利用するようなしたたかさも求められる

 

昨年10月、TPPの大筋合意を受けて米アトランタで開かれた共同記者会見(EPA=時事)

特集「日米関係の大不安」の他の記事を読む

「米国をTPP(環太平洋経済連携協定)から離脱させる」(トランプ候補)。「水準を満たさないTPPは拒否すべきだ」(クリントン候補)──。今回の大統領選挙は政策論争が深まらなかったが、TPPに関しては両候補の姿勢が一致していた。新しい大統領が姿勢を変えないなら、12カ国が参加するTPPの発効は難航必至だ。

オバマ大統領が任期を終える2017年1月までの「レームダック期間」に議会でTPP批准を取り付ける可能性は残るが、その行方も不透明だ。TPPが暗礁に乗り上げた場合、日本の取るべき戦略は何か。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
日米関係の大不安
TPPとRCEPの双方に参加する日本の戦略
プロの警鐘(3)エネルギー/寺島実郎
「ミスター円」元財務官の榊原英資氏に聞く
▶▶PartⅢ日米経済の焦点/「円」の未来
プロの警鐘(2)ビジネス/大前研一
中国の覇権国化に警戒強める日本とロシア
アジア太平洋地域を舞台に激化する覇権争奪戦
これはネオリベラリズムの終わりの始まりか
中国とロシアはなぜトランプを支持するのか
プロの警鐘(1)地政学/佐藤優
そもそも沖縄の地理的優位性はどうなのか
▶▶PartⅡ日米関係の明日/同盟のコスト
識者に聞く「日米同盟は「瀕死」ですか?」
INTERVEWイアン・ブレマー、丹羽宇一郎
今だから考える日米関係「日本は『属国』か」
戦後史超入門・証言でたどる日米70年(3)
戦後史超入門・証言でたどる日米70年(2)
▶▶PartⅠ日米関係総点検/戦後史(1)
日米同盟のコストとリターンを徹底検証!
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内