有料会員限定

INTERVEW米国の軍師・ジョセフ・ナイ 識者に聞く「日米同盟は「瀕死」ですか?」

印刷
A
A

[INTERVIEW]元米国防次官補・ハーバード大学特別功労教授 ジョセフ・ナイ

「この報告書は、折しも日米関係が漂流しかかっている時期に公表されることとなった」──。

2012年8月、米ハーバード大学教授で元米国防次官補であるジョセフ・ナイ氏が、元国務副長官のリチャード・アーミテージ氏との共著で発表した報告書(通称「第3次アーミテージ・ナイリポート」)は、そんな一文から始まる。

漂流という言葉は、00年の第1次リポートで象徴的に用いられたものだ。第3次リポートでは表現をより強め、「日米の指導者が無数の課題に直面する中、世界で最も重要な同盟関係の健全性と繁栄が瀕死の状態にある」と警鐘を鳴らした。

報告書の発表から4年。日米同盟はいまだに「瀕死」の状態にあるのか。10月下旬、講演のために来日したナイ氏にインタビューした。

Joseph Samuel Nye Jr. / 米ハーバード大学で政治学博士号取得、1964年から同大学で教鞭を執る。77〜79年国務副次官。93〜94年国家情報会議議長、94〜95年国防次官補(撮影:今井康一)

特集「日米関係の大不安」の他の記事を読む

「12年当時と比べ、日米関係は進歩した。(日米共同の)ミサイル防衛や、自衛隊と米軍の共同軍事演習も進んでおり、多くの分野で前進が見られる。日米関係は東アジア安定の基盤だ。今やそれは東京でもワシントンでも十分に理解されている。私は日米関係の未来について、かなり楽観的だ」

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
日米関係の大不安
TPPとRCEPの双方に参加する日本の戦略
プロの警鐘(3)エネルギー/寺島実郎
「ミスター円」元財務官の榊原英資氏に聞く
▶▶PartⅢ日米経済の焦点/「円」の未来
プロの警鐘(2)ビジネス/大前研一
中国の覇権国化に警戒強める日本とロシア
アジア太平洋地域を舞台に激化する覇権争奪戦
これはネオリベラリズムの終わりの始まりか
中国とロシアはなぜトランプを支持するのか
プロの警鐘(1)地政学/佐藤優
そもそも沖縄の地理的優位性はどうなのか
▶▶PartⅡ日米関係の明日/同盟のコスト
識者に聞く「日米同盟は「瀕死」ですか?」
INTERVEWイアン・ブレマー、丹羽宇一郎
今だから考える日米関係「日本は『属国』か」
戦後史超入門・証言でたどる日米70年(3)
戦後史超入門・証言でたどる日米70年(2)
▶▶PartⅠ日米関係総点検/戦後史(1)
日米同盟のコストとリターンを徹底検証!
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内