有料会員限定

冷戦終結と日米同盟再強化(1989~現在) 戦後史超入門・証言でたどる日米70年(3)

印刷
A
A

昭和天皇が崩御し、日本が1989年に「平成」の時代へ移行するのと同時期に、米ソを中心とした世界のパワーバランスにも大きな地殻変動が起きる。

ソ連がアフガニスタンに軍事侵攻した79年以来、米ソの緊張関係は再び高まり、「新冷戦」の時代が続いていた。しかし、新冷戦による軍事対立は両国経済を疲弊させる。

米国は貿易・財政の双子の赤字に苦しみ世界最大の債務国に転落していた。一方のソ連も深刻な経済危機に見舞われ、85年に就任したゴルバチョフ書記長はペレストロイカ(国内改革)路線を強く打ち出し始める。

1991年12月のソ連解体とともに、レーニン像は市民によって引きずり倒された(AFP=時事)

特集「日米関係の大不安」の他の記事を読む

TOPICS 8
ソ連崩壊から 米国一極体制へ

米ソの緊張緩和機運が高まり、ソ連は88年にアフガニスタンからの撤兵を開始。89年12月にブッシュ(父)大統領とゴルバチョフ書記長はマルタ島で首脳会談(マルタ会談)を開き、米ソ共同で「冷戦の終結」を宣言。44年間続いた冷戦に実質的にピリオドを打った。

ソ連の自由化の動きは隷属していた東欧諸国の自立を刺激し、ポーランドやハンガリー、チェコスロバキアなどで民主化運動が進む。91年8月にソ連保守派のクーデターが失敗したことで、ほとんどの共和国がソ連からの離脱を宣言。ついには、同年12月にソ連は崩壊した。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
日米関係の大不安
TPPとRCEPの双方に参加する日本の戦略
プロの警鐘(3)エネルギー/寺島実郎
「ミスター円」元財務官の榊原英資氏に聞く
▶▶PartⅢ日米経済の焦点/「円」の未来
プロの警鐘(2)ビジネス/大前研一
中国の覇権国化に警戒強める日本とロシア
アジア太平洋地域を舞台に激化する覇権争奪戦
これはネオリベラリズムの終わりの始まりか
中国とロシアはなぜトランプを支持するのか
プロの警鐘(1)地政学/佐藤優
そもそも沖縄の地理的優位性はどうなのか
▶▶PartⅡ日米関係の明日/同盟のコスト
識者に聞く「日米同盟は「瀕死」ですか?」
INTERVEWイアン・ブレマー、丹羽宇一郎
今だから考える日米関係「日本は『属国』か」
戦後史超入門・証言でたどる日米70年(3)
戦後史超入門・証言でたどる日米70年(2)
▶▶PartⅠ日米関係総点検/戦後史(1)
日米同盟のコストとリターンを徹底検証!
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内