有料会員限定

脳科学でわかった、記憶の司令塔「海馬」 複雑な脳の仕組みとその活用法を徹底追求

印刷
A
A

人類にとって未知の領域であるのがヒトの脳である。ところが近年、脳科学の進歩によってその仕組みが解明されつつある。脳の仕組みとその活用、そして脳の病気について探求してみよう。

(本誌:前田佳子、真城愛弓、長谷川 隆)

▶▶PART 1 脳複雑な仕組みとその活用法

脳科学はここまで進んだ!
記憶の司令塔 海馬を解明する

[ポイント1]
短期記憶、長期記憶など種類により形成・維持される場所が異なる。海馬の場所細胞(ニューロン)が発火して空間を把握している。

[ポイント2]
睡眠中もニューロンは発火するため、記憶定着に睡眠が重要。ニューロンには記憶痕跡があり記憶が形成されることが最近わかった。

 

藤澤茂義 理化学研究所
ふじさわ・しげよし●脳科学総合研究センター・システム神経生理学研究チームリーダー。1977年生まれ。京大工卒、東大大学院薬学研究科修了。(撮影:風間仁一郎)

特集「「脳」入門」の他の記事を読む

脳にさほど詳しくない方でも、その内部は大脳や小脳、脳幹などに分かれていることは、何となくご存じでしょう。このうち小脳は、姿勢の維持など体全体のバランスを整える役割を担います。また脳幹は視床や視床下部、延髄などから成り、自律神経系の制御や呼吸、血管の収縮と拡張など、基本的な生命活動をつかさどっています。

高等動物になるほど、発達しているのが大脳です。人間の大脳の表面は厚さ3mmほどの大脳皮質で覆われており、さらに大脳皮質のうち、大脳新皮質が認知、思考、判断といった高度な知的活動を支えています。一方、大脳のより内側にある大脳辺縁系(海馬、扁桃体などで構成される)は、本能や情動、意欲などにかかわっています。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
「脳」入門
41歳で脳梗塞が発症したルポライターの体験
後遺症抱えるルポライターと作業療法士が対談
たとえ100歳でも体の機能はよみがえる
復職後も活躍「後遺症と上手に付き合うコツ」
人生を一変させた経験をルポで3人に聞いた
言語障害や運動マヒ起こす病気の多くは脳梗塞
眠っているつもりが実はぜんぜん眠れていない
日本の睡眠学をリードする三島和夫氏が答える
最新科学が睡眠障害の謎を解き明かした
61歳で記憶障害、だが3年後の今も現役記者
運動、食事、アロマなど日常で気をつけること
地域包括ケアに加え、家族の見守りが大切
近い将来に患者が1000万人を突破する難病
あの『脳トレ』の川島教授が現代っ子に警鐘
何もしていないつもりでも脳は勝手に疲労する
脳科学の仕組みを活用してグングン覚える
脳科学者、池谷裕二教授に聞く人工知能の未来
脳と数理学をつなぐ世界的権威、甘利氏に聞く
複雑な脳の仕組みとその活用法を徹底追求
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内