有料会員限定

眠れないあなたに送る、不眠と眠りのQ&A 日本の睡眠学をリードする三島和夫氏が答える

印刷
A
A

眠れないときはどうするか? 疑問に答えます。

[ポイント1]
集中度が午前に高い朝方体質、午後の夜型体質は半々。夜型体質の人が朝働く場合、起床後、昼すぎまでに強い日光を浴びるとよい。

[ポイント2]
不眠とうつの関係性は高い。早寝と光を活用する「改良型断眠療法」に注目。栄養、運動、喫煙、飲酒での改善が睡眠の質を上げる。

[ポイント3]
不眠症治療のための睡眠薬は医師と良く相談してから。服用終了までの見通しを立て、眠れるようになったら次第に量を減らす。

 

三島和夫 国立精神・神経医療研究センター 部長
みしま・かずお●同センターの精神生理研究部長。秋田大学医卒。睡眠障害の診断・治療・病態に詳しい。外来診療も行っている。

特集「「脳」入門」の他の記事を読む

10歳代半ばの平均睡眠時間は8時間程度だが、70歳では6時間程度に減る。しかも、高齢者のほうが途中で起きてしまうことが多く、睡眠が浅い傾向にある。

では、年齢とともに睡眠の中身が変化していく原因は何か。

加齢とともに脳の器質が変わってくるからとも考えられがちだが、人の睡眠調節にかかわる神経核(神経の中心)の働きが加齢とともに大きく低下するという証拠は見つかっていない。

そもそも脳における睡眠や覚醒の調節系は、人間にとって基本的に重要なので、そう簡単に変化することはない。実際、若い頃と同様に活発な社会生活を送っている高齢者たちの睡眠は、若年者の睡眠とさほど違わないことがある。認知症や脳梗塞などの脳疾患になっていなければ、睡眠をコントロールする力はかなり保たれると考えられる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
「脳」入門
41歳で脳梗塞が発症したルポライターの体験
後遺症抱えるルポライターと作業療法士が対談
たとえ100歳でも体の機能はよみがえる
復職後も活躍「後遺症と上手に付き合うコツ」
人生を一変させた経験をルポで3人に聞いた
言語障害や運動マヒ起こす病気の多くは脳梗塞
眠っているつもりが実はぜんぜん眠れていない
日本の睡眠学をリードする三島和夫氏が答える
最新科学が睡眠障害の謎を解き明かした
61歳で記憶障害、だが3年後の今も現役記者
運動、食事、アロマなど日常で気をつけること
地域包括ケアに加え、家族の見守りが大切
近い将来に患者が1000万人を突破する難病
あの『脳トレ』の川島教授が現代っ子に警鐘
何もしていないつもりでも脳は勝手に疲労する
脳科学の仕組みを活用してグングン覚える
脳科学者、池谷裕二教授に聞く人工知能の未来
脳と数理学をつなぐ世界的権威、甘利氏に聞く
複雑な脳の仕組みとその活用法を徹底追求
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内