有料会員限定

脳卒中の"見えない障害"、社会復帰は可能か 後遺症抱えるルポライターと作業療法士が対談

印刷
A
A

特集「「脳」入門」の他の記事を読む

脳卒中の後遺症は、身体的なものにとどまらない。多くの患者は、高次脳機能障害(以下、高次脳)に苦しんでいる。自分の行動や感情を適切にコントロールすることが難しくなるが、一見するとわかりづらいため“見えない障害”と呼ばれる。

作業療法士の峯尾舞氏は、高次脳に苦しむ人たちの就労支援に力を入れている。一方、脳梗塞発症から1年半が過ぎても後遺症を抱えるルポライターの鈴木大介氏。二人が病気後の復職の難しさについて語った。

鈴木 脳卒中で体にマヒが残ると、ほとんどの人が高次脳になっているという印象があります。

峯尾 経験的には、9割近くの方々に高次脳が出るようです。でも医療機関では体のマヒがないと「症状が軽い」となり、比較的早く退院できてしまう。ほかの病院で高次脳と言われないまま復職し、できないことが多くて上司に「大丈夫か?」と言われて相談に来た人もいました。

鈴木 マヒが軽いとすぐに日常生活に戻れるけれど、その段階では高次脳の程度が判断しづらい。仕事に戻って、初めて露呈する人もいるのでは? 実際、本人や家族の認知率もそうとう低く感じます。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
「脳」入門
41歳で脳梗塞が発症したルポライターの体験
後遺症抱えるルポライターと作業療法士が対談
たとえ100歳でも体の機能はよみがえる
復職後も活躍「後遺症と上手に付き合うコツ」
人生を一変させた経験をルポで3人に聞いた
言語障害や運動マヒ起こす病気の多くは脳梗塞
眠っているつもりが実はぜんぜん眠れていない
日本の睡眠学をリードする三島和夫氏が答える
最新科学が睡眠障害の謎を解き明かした
61歳で記憶障害、だが3年後の今も現役記者
運動、食事、アロマなど日常で気をつけること
地域包括ケアに加え、家族の見守りが大切
近い将来に患者が1000万人を突破する難病
あの『脳トレ』の川島教授が現代っ子に警鐘
何もしていないつもりでも脳は勝手に疲労する
脳科学の仕組みを活用してグングン覚える
脳科学者、池谷裕二教授に聞く人工知能の未来
脳と数理学をつなぐ世界的権威、甘利氏に聞く
複雑な脳の仕組みとその活用法を徹底追求
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内