有料会員限定

あなたの親が認知症になった時、さてどうする 地域包括ケアに加え、家族の見守りが大切

印刷
A
A

認知症では早期診断、早期治療がカギになる。ところが実際には、認知症の症状がかなり進んでから受診する人も少なくない。

その理由について、国立長寿医療研究センターもの忘れセンター長の櫻井孝氏は「背景には認知症への偏見がある。親の認知症を隠したい気持ちはわかるが、平均寿命が80歳を超えた今、認知症はどの家庭にもあるというぐらいの覚悟が必要」と語る。

櫻井 孝・国立長寿医療研究センターもの忘れセンター長。神戸大医卒、同大学院修了。専門は老年医学、認知症など。

特集「「脳」入門」の他の記事を読む

櫻井氏の診察を受ける人の大半は、家族の勧めやかかりつけ医の紹介で来院する。受診のきっかけで最も多いのは「同じことを何回も話す」「物を置き忘れる」といった記憶障害だ。

大事なのは老化による物忘れと認知症は違うということ。老化の場合、昨日の夕食のメニューは思い出せなくても、たとえば外食したことは覚えている。しかし認知症の人は外食したこと自体を忘れてしまう。老化は忘れている自覚があるのに対して、進行した認知症では自覚がない。

受診のタイミングは、親を見ていて今までとの違いに気づいたときだ。たとえば、料理の段取りがうまくできなくなった、いつも片付いていた部屋が散らかっている、飲み忘れた薬がたまっている、スーパーの駐車場で迷う、ATM(現金自動出入機)を使えなくなった、といった変化が目安になる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
「脳」入門
41歳で脳梗塞が発症したルポライターの体験
後遺症抱えるルポライターと作業療法士が対談
たとえ100歳でも体の機能はよみがえる
復職後も活躍「後遺症と上手に付き合うコツ」
人生を一変させた経験をルポで3人に聞いた
言語障害や運動マヒ起こす病気の多くは脳梗塞
眠っているつもりが実はぜんぜん眠れていない
日本の睡眠学をリードする三島和夫氏が答える
最新科学が睡眠障害の謎を解き明かした
61歳で記憶障害、だが3年後の今も現役記者
運動、食事、アロマなど日常で気をつけること
地域包括ケアに加え、家族の見守りが大切
近い将来に患者が1000万人を突破する難病
あの『脳トレ』の川島教授が現代っ子に警鐘
何もしていないつもりでも脳は勝手に疲労する
脳科学の仕組みを活用してグングン覚える
脳科学者、池谷裕二教授に聞く人工知能の未来
脳と数理学をつなぐ世界的権威、甘利氏に聞く
複雑な脳の仕組みとその活用法を徹底追求
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内