有料会員限定

私の脳梗塞、脳溢血、くも膜下出血の体験談 人生を一変させた経験をルポで3人に聞いた

印刷
A
A

ある日突然、働き盛りを襲う脳卒中。後遺症が重ければ、その後の人生は大きく狂ってしまう。やむなく会社を辞める人、復職しても病気前のペースで働けなくなる人は多い。脳卒中を経て社会復帰に奮闘する3人の壮絶な体験談は、決してひとごとではない。

特集「「脳」入門」の他の記事を読む

「右脳がやられた」

2013年6月、長坂祐司さんは頭の右側に激しい痛みを感じた。脳梗塞だった。

命に別状はなかったが、後遺症として重度の左半身マヒが残った。税理士として多忙な生活を送っていた長坂さんは、重度の1級身体障害者になってしまった。感覚はあるが、左半身がまったく動かない。

1カ月後にリハビリの病院へ移っても絶望しかなかった。53歳で国税局を早期退職し、開業から1年余り。収入が断たれてしまった。

しかし不安そうな家族の顔を見ているうちに、幸せになるために再起したいという気持ちが湧き上がってきた。そこからのリハビリは闘いだった。運動機能を完全に失った左半身を持て余し、立つことさえかなわない。ようやく歩行訓練に移ると、次は転倒の恐怖が待ち受けていた。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
「脳」入門
41歳で脳梗塞が発症したルポライターの体験
後遺症抱えるルポライターと作業療法士が対談
たとえ100歳でも体の機能はよみがえる
復職後も活躍「後遺症と上手に付き合うコツ」
人生を一変させた経験をルポで3人に聞いた
言語障害や運動マヒ起こす病気の多くは脳梗塞
眠っているつもりが実はぜんぜん眠れていない
日本の睡眠学をリードする三島和夫氏が答える
最新科学が睡眠障害の謎を解き明かした
61歳で記憶障害、だが3年後の今も現役記者
運動、食事、アロマなど日常で気をつけること
地域包括ケアに加え、家族の見守りが大切
近い将来に患者が1000万人を突破する難病
あの『脳トレ』の川島教授が現代っ子に警鐘
何もしていないつもりでも脳は勝手に疲労する
脳科学の仕組みを活用してグングン覚える
脳科学者、池谷裕二教授に聞く人工知能の未来
脳と数理学をつなぐ世界的権威、甘利氏に聞く
複雑な脳の仕組みとその活用法を徹底追求
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内