有料会員限定

ある日、あなたに突然襲いかかる脳卒中の恐怖 言語障害や運動マヒ起こす病気の多くは脳梗塞

印刷
A
A
内山真一郎 医療法人財団 順和会 山王病院・山王メディカルセンター
うちやま・しんいちろう●同病院脳血管センター長、国際医療福祉大教授。専門は神経内科。

特集「「脳」入門」の他の記事を読む

脳卒中とは、脳への血流が途絶え、脳の神経組織が壊れることで言語障害や運動マヒなどを起こす病気である。脳の血管が詰まったり破れたりすると、その部分の血流が途絶えてしまう。素早く処置しなければ神経細胞が死んでしまい、その部分がつかさどっていた機能が失われるおそれがある。

日本では脳卒中の7割以上を脳梗塞が占め、欧米では9割以上を占める。脳卒中=ほぼ脳梗塞という状況であり、日本もこの比率に近づいていくと考えられる。

予防や治療が進んだことで、脳梗塞の発症率や死亡率は減っている。しかし死亡率の低下と高齢者の増加に伴い、患者の総数は少しずつ増えている。完全に回復した人、あるいは介助を必要としない自立可能な患者は3分の1程度にとどまる。

最近は若い人の脳梗塞が増えている。背景には、食生活の欧米化による生活習慣病の蔓延がある。

主な危険因子は、①高血圧、②糖尿病、③脂質異常でLDLコレステロールが高い、あるいはHDLコレステロールが低い、④喫煙、⑤大量飲酒、⑥不整脈の一つである心房細動、⑦メタボリックシンドローム、⑧慢性腎臓病となっている。すべてに対処できれば、理論的には8割が予防可能とされている。働き盛りの中年男性の多くは血圧やコレステロールが高く、脳卒中予備軍といえる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
「脳」入門
41歳で脳梗塞が発症したルポライターの体験
後遺症抱えるルポライターと作業療法士が対談
たとえ100歳でも体の機能はよみがえる
復職後も活躍「後遺症と上手に付き合うコツ」
人生を一変させた経験をルポで3人に聞いた
言語障害や運動マヒ起こす病気の多くは脳梗塞
眠っているつもりが実はぜんぜん眠れていない
日本の睡眠学をリードする三島和夫氏が答える
最新科学が睡眠障害の謎を解き明かした
61歳で記憶障害、だが3年後の今も現役記者
運動、食事、アロマなど日常で気をつけること
地域包括ケアに加え、家族の見守りが大切
近い将来に患者が1000万人を突破する難病
あの『脳トレ』の川島教授が現代っ子に警鐘
何もしていないつもりでも脳は勝手に疲労する
脳科学の仕組みを活用してグングン覚える
脳科学者、池谷裕二教授に聞く人工知能の未来
脳と数理学をつなぐ世界的権威、甘利氏に聞く
複雑な脳の仕組みとその活用法を徹底追求
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内