有料会員限定

ピケティの「r>g」を投資に生かそう 低成長時代の運用をどうするか?

印刷
A
A
やまざき・はじめ●1958年生まれ。東大経済学部卒。三菱商事、住友信託銀行等を経て、現在は楽天証券経済研究所客員研究員、獨協大特任教授。(撮影:梅谷秀司)

特集「格差サバイバル術」の他の記事を読む

ピケティ氏を話題にする際によく取り上げられるのが、r>gという数式だ。rは資本の収益率であり、gは経済の成長率だ。r>gは何が問題なのだろうか。投資を扱うファイナンスの常識からすると、r>gはたいへんな問題などではなく、むしろ「そうでなければ困る」というくらい当たり前の条件に見える。

[図表1]
拡大する
(撮影:尾形文繁)

図表1の(1)式は、今期の収益がEで、このEが一定の成長率gで成長する場合に、投資家がrの割引率で将来価値を現在価値に割り引く場合の、適正資産価格Pを求める計算式だ。初項がEで公比が(1+g)/(1+r)の等比級数の和を求める公式から簡単に導くことができる。

筆者が思うに、投資家にとって、たぶん最も実用的で示唆に富む公式の一つだ。割引率(投資家が要求する収益率)と成長率、特に成長率が将来も均一に一定という仮定は、現実に当てはめる際に工夫が必要だが、この式を頭に入れておくと、株価や不動産価格などが変動する理由や、時には適正レベルがわかる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
格差サバイバル術
日本の識者に聞く [地球システム]
日本の識者に聞く [化石燃料]
日本の識者に聞く [食糧]
資源は制約になるか
水野和夫 日本大学国際関係学部教授
ジュリエット・B・ショア ボストン大学社会学部教授・経済学者
武田晴人 東京大学大学院経済学研究科教授
ジム・ロジャーズ 著名投資家
Part3 経済成長はいつまで続けられるのか原 丈人 アライアンス・フォーラム財団代表理事
米国の格差
日本の格差
Part2 低成長下で広がる格差
関西系匿名FPの本音トーク
低成長下でどう消費する?
格差拡大下で子どもをどう育てる?
格差拡大下で子どもをどう育てる?
野口 悠紀雄 早稲田大学 ファイナンス総合研究所顧問
リチャード・シラ 米ニューヨーク大学スターン経営大学院教授 経済学者
住宅ローンは超低金利の今がお得?
ちょっとの違いが大きな違い!
住宅ローンは超低金利の今がお得?
低成長下でどう働くか?
低成長下でどう働くか?
低成長時代の運用をどうするか?
低成長時代の運用をどうするか?
Part1 低成長・低金利 時代のサバイバル術 低成長時代の運用をどうするか?
基本のキ
どう生き残るのか
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内