有料会員限定

世界株ETFに超長期で投資しよう 低成長時代の運用をどうするか?

印刷
A
A
おかもと・かずひさ●投資教育家。1971年旧日興証券入社。90~2005年バークレイズ・グローバル・インベスターズ日本法人社長。05年独立。5歳から95歳までの人々にマネー・投資教育を行う。(撮影:梅谷秀司)

特集「格差サバイバル術」の他の記事を読む

1980年代の終わり頃までは、日本経済はまだ成長し、人口も増えていたし、社会保障制度も財政も今ほどの危機的状況にはなかった。だから将来のことを自分で考えなくてもよかった。国や会社に任せておけば、何とかうまく人生が過ごせた。

どのくらいの偏差値の大学をどのくらいの成績で卒業するかで就職先が決まっていた。入社した会社できちんと仕事をしていれば、年功序列で昇進していき、定年退職を無事迎えられた。退職後も会社が「趣味の会」などのお楽しみを提供してくれ、葬儀のときは、それなりの人から弔電が来る。

将来の心配などあまりしなくてよかったから、将来の自分を支えるための資産運用などほとんど考える必要がなかった。そんな時代が長かったので、投資といえば「買った」「売った」の株式投機しか頭に浮かばないのは当然すぎるほど当然だった。

ところが今日、状況は大きく変わっている。普通の生活者が将来への漠然とした不安を持ち始めている。この2年くらいは株式市場もよくなってきているので「投資というものを考えなくてはいけないのでは」と思い始める人が増えている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
格差サバイバル術
日本の識者に聞く [地球システム]
日本の識者に聞く [化石燃料]
日本の識者に聞く [食糧]
資源は制約になるか
水野和夫 日本大学国際関係学部教授
ジュリエット・B・ショア ボストン大学社会学部教授・経済学者
武田晴人 東京大学大学院経済学研究科教授
ジム・ロジャーズ 著名投資家
Part3 経済成長はいつまで続けられるのか原 丈人 アライアンス・フォーラム財団代表理事
米国の格差
日本の格差
Part2 低成長下で広がる格差
関西系匿名FPの本音トーク
低成長下でどう消費する?
格差拡大下で子どもをどう育てる?
格差拡大下で子どもをどう育てる?
野口 悠紀雄 早稲田大学 ファイナンス総合研究所顧問
リチャード・シラ 米ニューヨーク大学スターン経営大学院教授 経済学者
住宅ローンは超低金利の今がお得?
ちょっとの違いが大きな違い!
住宅ローンは超低金利の今がお得?
低成長下でどう働くか?
低成長下でどう働くか?
低成長時代の運用をどうするか?
低成長時代の運用をどうするか?
Part1 低成長・低金利 時代のサバイバル術 低成長時代の運用をどうするか?
基本のキ
どう生き残るのか
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内