有料会員限定

[成長肯定派] 技術革新でまだまだ可能 Part3 経済成長はいつまで続けられるのか
原 丈人 アライアンス・フォーラム財団代表理事

印刷
A
A
はら・じょうじ●1952年生まれ。慶応義塾大学法学部卒。米スタンフォード大学工学部大学院修了。現在、内閣府本府参与。(撮影:梅谷秀司)

特集「格差サバイバル術」の他の記事を読む

革新的な技術を実用化すれば成長はまだまだ可能だ。人類社会に必要とされる成長の種は山ほどある。日本で最も有望なのは再生医療の分野だ。基礎研究から応用まで、世界をリードする先進的な研究者が見事なほどいる。

基礎研究ではiPS細胞の発明者の山中伸弥氏、神経細胞の再生なら岡野栄之氏、心筋細胞なら澤芳樹氏、網膜細胞なら高橋政代氏、臓器再生なら武部貴則氏、血液再生ならば中内啓光氏だ。

たとえば交通事故で脊椎を損傷した場合、骨は手術で治療できても、脊椎神経がわずかでも切れていれば一生車いすの生活を余儀なくされてしまう。手術をしようにも、難しい手術をこなせる名医が必要だ。高度な医療技術だけでなく、手術室や病室など、感染症を防ぐための大掛かりな設備投資が必要になる。

ところが、岡野氏の新しい技術なら、脊椎神経幹細胞を注射するだけ。注射した幹細胞が脊椎神経の損傷部分に行き、神経を再生する。岡野氏の下でiPS細胞利用の治療法は目下、研究開発が進んでいる。間葉系幹細胞といわれる分野も同じことを目指している。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
格差サバイバル術
日本の識者に聞く [地球システム]
日本の識者に聞く [化石燃料]
日本の識者に聞く [食糧]
資源は制約になるか
水野和夫 日本大学国際関係学部教授
ジュリエット・B・ショア ボストン大学社会学部教授・経済学者
武田晴人 東京大学大学院経済学研究科教授
ジム・ロジャーズ 著名投資家
Part3 経済成長はいつまで続けられるのか原 丈人 アライアンス・フォーラム財団代表理事
米国の格差
日本の格差
Part2 低成長下で広がる格差
関西系匿名FPの本音トーク
低成長下でどう消費する?
格差拡大下で子どもをどう育てる?
格差拡大下で子どもをどう育てる?
野口 悠紀雄 早稲田大学 ファイナンス総合研究所顧問
リチャード・シラ 米ニューヨーク大学スターン経営大学院教授 経済学者
住宅ローンは超低金利の今がお得?
ちょっとの違いが大きな違い!
住宅ローンは超低金利の今がお得?
低成長下でどう働くか?
低成長下でどう働くか?
低成長時代の運用をどうするか?
低成長時代の運用をどうするか?
Part1 低成長・低金利 時代のサバイバル術 低成長時代の運用をどうするか?
基本のキ
どう生き残るのか
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内