有料会員限定

50歳前後で職を失う米国中間層の悲痛 米国の格差

印刷
A
A
2011年10月5日、ウォール街の北にあるフォーリー広場で2万人が参加した「ウォール街を占拠せよ」デモ。女の子が持っているプラカードには「中間層から奪って金持ちに与えるのをやめろ」の文字が(Getty Images)

特集「格差サバイバル術」の他の記事を読む

「銀行はベイルアウト(救済)。庶民はソールドアウト(投げ売り)!」 「99%対1%」を合言葉にウォール街が「占拠」されてから3年半。米国景気の好調ぶりが喧伝される中、中間層の怒りは一見、遠のいたかに見えるが、2008年のリーマンショック前に比べると、27週間以上仕事が見つからない長期失業者の割合は高止まりのままだ(図表1)。

[図表1]
拡大する

今年1月の失業率は5.7%にまで下がった。だが、米シンクタンク、経済政策研究所(EPI)によれば、仕事探しをあきらめた人など「ミッシングワーカー(失われた労働者)」を含めると、9%にハネ上がる。

特に深刻なのが、50歳前後でレイオフされ、再就職できずに中間層の生活を維持できなくなる人たち。

「超大国・米国における中間層の幸福は永遠に続かない。グローバリゼーションやデジタルテクノロジーで、手持ちのスキルがかつてない速さで通用しなくなっているからだ」

米国人が経済的・政治的自由を取り戻すためのマニフェストを提言した『リバティ・フォー・オール』の著者で、ニューヨークのジャーナリスト、リック・ニューマン氏は言う。同氏いわく、「転落」しないためには発想を変え、つねに新スキルを身に付けることだ。ハードワークだけでは中間層の生活は保てないという。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
格差サバイバル術
日本の識者に聞く [地球システム]
日本の識者に聞く [化石燃料]
日本の識者に聞く [食糧]
資源は制約になるか
水野和夫 日本大学国際関係学部教授
ジュリエット・B・ショア ボストン大学社会学部教授・経済学者
武田晴人 東京大学大学院経済学研究科教授
ジム・ロジャーズ 著名投資家
Part3 経済成長はいつまで続けられるのか原 丈人 アライアンス・フォーラム財団代表理事
米国の格差
日本の格差
Part2 低成長下で広がる格差
関西系匿名FPの本音トーク
低成長下でどう消費する?
格差拡大下で子どもをどう育てる?
格差拡大下で子どもをどう育てる?
野口 悠紀雄 早稲田大学 ファイナンス総合研究所顧問
リチャード・シラ 米ニューヨーク大学スターン経営大学院教授 経済学者
住宅ローンは超低金利の今がお得?
ちょっとの違いが大きな違い!
住宅ローンは超低金利の今がお得?
低成長下でどう働くか?
低成長下でどう働くか?
低成長時代の運用をどうするか?
低成長時代の運用をどうするか?
Part1 低成長・低金利 時代のサバイバル術 低成長時代の運用をどうするか?
基本のキ
どう生き残るのか
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内