有料会員限定

低成長下の利潤追求でブラック部門が急増中 日本の格差

印刷
A
A
こんの・はるき●2006年、中央大学在籍中にposseを立ち上げ、年1500件超の労働相談にかかわる。一橋大学大学院博士課程在籍。13年大佛次郎論壇賞を受賞。(撮影:尾形文繁)

特集「格差サバイバル術」の他の記事を読む

ピケティが話題になっているように、低成長時代にあって、私たちはどのような社会を展望するのかを問われている。本稿では、労働問題の観点からこの問題に一石を投じたい(なお、ピケティ氏自身が自己の「ピケティ入門」として推薦する『nyx(ニュクス)』誌所収の論考「不平等の長期的趨勢」をぜひご一読いただきたい)。

まず、大前提を確認しておきたい。歴史的に見て、爆発的な成長は各国で一度しか起こらないということだ。年間成長率が毎年5%を超えるような経済成長は、確かに各国ともかつては経験したことがある現象だ。だが、それはさまざまな条件が重なって初めて実現する。まず、「巨大な未開拓の市場」の存在である。それまで生活の多くが自給的経済の中にあった人口があり、それらが急激に市場に組み込まれる。日本の戦後経済成長も、7割を占めていた農村人口が急激に都市に流入し労働者・消費者となることで急激に市場を拡大したのだった。

また、高度成長の背景にはつねに「環境問題」が潜んでいる。急激な開発を低コストで進めることで、急速な経済成長を実現するため、ほぼ必ず環境破壊を引き起こすのである。成長著しい近年の中国も「毒の川」「PM2・5」など公害の嵐である。このような「経済成長」の負のコストについて、環境経済学では「外部不経済」の概念を用いて説明してきた。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
格差サバイバル術
日本の識者に聞く [地球システム]
日本の識者に聞く [化石燃料]
日本の識者に聞く [食糧]
資源は制約になるか
水野和夫 日本大学国際関係学部教授
ジュリエット・B・ショア ボストン大学社会学部教授・経済学者
武田晴人 東京大学大学院経済学研究科教授
ジム・ロジャーズ 著名投資家
Part3 経済成長はいつまで続けられるのか原 丈人 アライアンス・フォーラム財団代表理事
米国の格差
日本の格差
Part2 低成長下で広がる格差
関西系匿名FPの本音トーク
低成長下でどう消費する?
格差拡大下で子どもをどう育てる?
格差拡大下で子どもをどう育てる?
野口 悠紀雄 早稲田大学 ファイナンス総合研究所顧問
リチャード・シラ 米ニューヨーク大学スターン経営大学院教授 経済学者
住宅ローンは超低金利の今がお得?
ちょっとの違いが大きな違い!
住宅ローンは超低金利の今がお得?
低成長下でどう働くか?
低成長下でどう働くか?
低成長時代の運用をどうするか?
低成長時代の運用をどうするか?
Part1 低成長・低金利 時代のサバイバル術 低成長時代の運用をどうするか?
基本のキ
どう生き残るのか
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内