有料会員限定

仕事を早く終えて家族との時間を増やす 低成長下でどう働くか?

印刷
A
A
えびはら・つぐお●1964年生まれ。経済産業研究所労働市場制度改革プロジェクトメンバー。広島県雇用推進アドバイザー。京都精華大学非常勤講師。(撮影:梅谷秀司)

特集「格差サバイバル術」の他の記事を読む

日本ではトマ・ピケティ氏の『21世紀の資本』やリンダ・グラットン氏の『ワークシフト』が売れているが、欧州ではそんなに売れていないそうだ。それは、欧州が階層社会であり、階層による格差の存在が当たり前だからだろう。

図表1を見てほしい。これはフランスの就労構造なのだが、フランスでは職業がすべて資格で区切られている。営業をやるなら営業の職業資格が必要。しかも営業の場合は業界別に資格が分かれている。そして営業の人は一生、営業のまま。その上の管理職に上がるのはまれだ。

[図表1]
拡大する

図の「資格労働者」なら年収は3万ユーロ(約420万円)が上限でそれ以上は上がらない。その下の無資格労働者なら上限は2.5万ユーロ(約350万円)といった具合だ。

欧州で取材してみると、「カゴの鳥のようでつまらない」「米国に生まれればよかった」「箱の中のネズミのようだ」「おでこに『高卒・事務職』というラベルを張られているようだ」と不満の声ばかりだった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
格差サバイバル術
日本の識者に聞く [地球システム]
日本の識者に聞く [化石燃料]
日本の識者に聞く [食糧]
資源は制約になるか
水野和夫 日本大学国際関係学部教授
ジュリエット・B・ショア ボストン大学社会学部教授・経済学者
武田晴人 東京大学大学院経済学研究科教授
ジム・ロジャーズ 著名投資家
Part3 経済成長はいつまで続けられるのか原 丈人 アライアンス・フォーラム財団代表理事
米国の格差
日本の格差
Part2 低成長下で広がる格差
関西系匿名FPの本音トーク
低成長下でどう消費する?
格差拡大下で子どもをどう育てる?
格差拡大下で子どもをどう育てる?
野口 悠紀雄 早稲田大学 ファイナンス総合研究所顧問
リチャード・シラ 米ニューヨーク大学スターン経営大学院教授 経済学者
住宅ローンは超低金利の今がお得?
ちょっとの違いが大きな違い!
住宅ローンは超低金利の今がお得?
低成長下でどう働くか?
低成長下でどう働くか?
低成長時代の運用をどうするか?
低成長時代の運用をどうするか?
Part1 低成長・低金利 時代のサバイバル術 低成長時代の運用をどうするか?
基本のキ
どう生き残るのか
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内