有料会員限定

1割引きだからといってフェラーリを買いますか? 住宅ローンは超低金利の今がお得?

印刷
A
A
なかじま・よしふみ●2011年FPのお店シェアーズカフェを開業。12年ブログ開設。13年9月にウェブメディア設立。編集長としてサイト運営と添削・執筆指導を行う。(撮影:今井康一)

特集「格差サバイバル術」の他の記事を読む

補正予算が成立し、住宅購入時の各種優遇策が実施されることになった。住宅金融支援機構のフラット35において、フラット35Sの金利引き下げ幅が拡大され(0.3%→0.6%)、住宅版エコポイント(30万ポイント)も復活した。住宅ローン減税も合わせれば住宅取得時の優遇幅はかなり拡大された。

たとえば4000万円の住宅を、頭金1000万円、ローン3000万円で購入した場合、フラット35Sの金利引き下げにより100万円ほど、住宅ローン減税により260万円ほど安くなり、そして住宅版エコポイントも合わせると、おおよそ400万円、実質的に1割ほどの値引きとなる(借入期間35年、金利は2015年2月水準の1.37%、金利引き下げ期間は5年)。

「お得だから買う」と考えるべきではない

ただ、そんなにお得なら買おうと思った人は「フェラーリが1割引きだったら買うか?」と自問してみてほしい。フェラーリはマンションと変わらないほど高価だが、1割引きだからという理由だけで買う人はいない。それと住宅は同じだ。お得だから買うと考えるべきではない。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
格差サバイバル術
日本の識者に聞く [地球システム]
日本の識者に聞く [化石燃料]
日本の識者に聞く [食糧]
資源は制約になるか
水野和夫 日本大学国際関係学部教授
ジュリエット・B・ショア ボストン大学社会学部教授・経済学者
武田晴人 東京大学大学院経済学研究科教授
ジム・ロジャーズ 著名投資家
Part3 経済成長はいつまで続けられるのか原 丈人 アライアンス・フォーラム財団代表理事
米国の格差
日本の格差
Part2 低成長下で広がる格差
関西系匿名FPの本音トーク
低成長下でどう消費する?
格差拡大下で子どもをどう育てる?
格差拡大下で子どもをどう育てる?
野口 悠紀雄 早稲田大学 ファイナンス総合研究所顧問
リチャード・シラ 米ニューヨーク大学スターン経営大学院教授 経済学者
住宅ローンは超低金利の今がお得?
ちょっとの違いが大きな違い!
住宅ローンは超低金利の今がお得?
低成長下でどう働くか?
低成長下でどう働くか?
低成長時代の運用をどうするか?
低成長時代の運用をどうするか?
Part1 低成長・低金利 時代のサバイバル術 低成長時代の運用をどうするか?
基本のキ
どう生き残るのか
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内