有料会員限定

ピケティ最大の謎「r>g」の正体に迫る! 世界が答えを求めている

印刷
A
A
r>gの正体とは(撮影:福川有仁・パリ在住)

特集「ピケティで始める経済学」の他の記事を読む

『21世紀の資本』をめぐり、経済学界で最も物議を醸しているのが「r>g」の謎だ。

「ピケティ『21世紀の資本』を読む」で触れたように、rは資本ストックの収益率、gは経済成長率を表している。つまり「r>g」という不等式は、株や不動産、債券などへの投資による資本収益率がつねに経済成長率を上回るということを示している。

わかりやすく言い換えるなら、資本の成長率は、労働によって得られる賃金の成長率をつねに上回るということだ。富裕層は資本の成長の一部分を再投資に回すだけで、賃金の増加と同等かそれ以上のペースで富を増やしていくことが可能になる。持てる者と持たざる者の差がますます開くことを意味し、能力主義や機会の平等といった民主主義の価値観を足元から掘り崩す、悪夢の方程式ともいえる。

「r>g」が歴史的な事実だったことは、ピケティが『21世紀の資本』の中でいくつかのデータ的裏付けをもって説明しており大きな反論はない。問題はなぜ「つねに」資本収益率が経済成長率を上回り続けるのかを説明する経済理論が不足していることにある。このため、もし過去にはそうだったとしても、将来も必ずそうなると説得力を持って言うことは難しい。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
ピケティで始める経済学
最新のセオリーや分析が駆使されるが…
石橋湛山の経済学
Q8 経済学×開発
Q7 経済学×幸福
Q6 経済学×自己啓発
Q5 経済学×地方消滅
Q4 経済学×競り
Q3 経済学×ピザ配達
Q2 経済学×価格戦略
Q1 経済学×会社
Part2 ピケティから開く知のトビラ
[誌上講義] 小暮太一 経済ジャーナリスト
[INTERVIEW] ポスト「ピケティ本」の最右翼
世界的な累進資本課税をめぐる異論、反論
ピケティが指南!
[INTERVIEW] 哲学者が見たピケティ
主流派からマルキシストまで
経済学説はどのように変化してきたか
世界が答えを求めている
20分で全エッセンスを把握
異端か、正統か
ピケティは
Part1 目指せ! ピケティ完全理解
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内