有料会員限定

こんなに面白い! 最先端経済学 Part2 ピケティから開く知のトビラ

印刷
A
A

ピケティ現象があらためて示した事実。それは「現実に使える知」としての最新経済学の力だ。ここでは誰にも身近な事例を基に、複雑なグラフや数式抜きで、新しい経済学のエッセンスを紹介しよう。

もはや「机上の空論」ではない

経済学は、「机上の空論」であるといわれてきた。

物理学と異なり、経済学では実験ができない。そのため理論の正しさを検証できず、百家争鳴の状態が続いてきた。

しかし、最近の実証重視の経済学は、そうした限界を克服し、現実妥当性を高めることに成功しつつある。一つの契機は2002年、感情に左右されがちな経済心理を研究する行動経済学の開拓者ダニエル・カーネマン、経済理論の現実妥当性を検証する実験経済学の開拓者バーノン・スミスにノーベル経済学賞が授与されたことだ。

実験経済学の基本原理は、無作為比較対照と呼ばれる考え方だ。

これは医薬品の評価では当たり前に用いられている、因果性を同定する最強の方法として知られる。

実験参加者をランダムに、トリートメントグループ(医薬品を服用するなどの介入を受ける)とコントロールグループ(そうした介入を受けない)に分け、個々人のバイアスに汚されていない介入効果を測る。

経済学におけるこうした実験的手法への関心の高まりは、公共事業の甘い見積りなど、結果ありきのお手盛りが社会的に批判を浴びたことと無縁ではない。正しい手法で正しい経済効果を測定するニーズは非常に大きくなっている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
ピケティで始める経済学
最新のセオリーや分析が駆使されるが…
石橋湛山の経済学
Q8 経済学×開発
Q7 経済学×幸福
Q6 経済学×自己啓発
Q5 経済学×地方消滅
Q4 経済学×競り
Q3 経済学×ピザ配達
Q2 経済学×価格戦略
Q1 経済学×会社
Part2 ピケティから開く知のトビラ
[誌上講義] 小暮太一 経済ジャーナリスト
[INTERVIEW] ポスト「ピケティ本」の最右翼
世界的な累進資本課税をめぐる異論、反論
ピケティが指南!
[INTERVIEW] 哲学者が見たピケティ
主流派からマルキシストまで
経済学説はどのように変化してきたか
世界が答えを求めている
20分で全エッセンスを把握
異端か、正統か
ピケティは
Part1 目指せ! ピケティ完全理解
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内