有料会員限定

最新研究でわかった おカネと幸福の関係 Q7 経済学×幸福

印刷
A
A
ブータンは国民総幸福量(GNH)世界一を目指す(ロイター/アフロ)

特集「ピケティで始める経済学」の他の記事を読む

幸福とは何によって決まるのか。それは人類誕生以来の深遠な問題だ。

通説的な経済学では「幸福はカネで買える」と考えてきた。理由は単純で、より多くのおカネを持っていれば、より多くの望むものを手に入れることができるからだ。

GDP(国内総生産)の最大化こそが国民の幸福増進につながる、という理屈もそこから来ている。主観的な幸福度を聞くアンケートでも、「所得が多い人ほど幸福度が高い」結果となっており、実証面でも裏付けがとれていると思われてきた。

しかし最近、より詳細な研究が進むにつれて「幸福はカネで買える」説は、経済学者の間でも時代遅れになりつつある。

理由の一つは幸福度を国際比較したときに生じる矛盾だ。幸福度がおカネで決まるのであれば、当然、所得が高い国に住んでいる国民の幸福度は、所得の低い国の国民より高いはずだ。しかし、実際は、国の貧富はそれほど影響を持たず、特に豊かな国では幸福度が頭打ちになっていることがわかる。世界各国の1人当たりGDPと幸福度をグラフ化した図表1を見ても、これは確認できる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
ピケティで始める経済学
最新のセオリーや分析が駆使されるが…
石橋湛山の経済学
Q8 経済学×開発
Q7 経済学×幸福
Q6 経済学×自己啓発
Q5 経済学×地方消滅
Q4 経済学×競り
Q3 経済学×ピザ配達
Q2 経済学×価格戦略
Q1 経済学×会社
Part2 ピケティから開く知のトビラ
[誌上講義] 小暮太一 経済ジャーナリスト
[INTERVIEW] ポスト「ピケティ本」の最右翼
世界的な累進資本課税をめぐる異論、反論
ピケティが指南!
[INTERVIEW] 哲学者が見たピケティ
主流派からマルキシストまで
経済学説はどのように変化してきたか
世界が答えを求めている
20分で全エッセンスを把握
異端か、正統か
ピケティは
Part1 目指せ! ピケティ完全理解
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内