有料会員限定

介護政策が混乱 データ誤用で現実を無視 最新のセオリーや分析が駆使されるが…

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小
特養の「利益貯め込み」批判には根拠がない(撮影:吉野純治)

特集「ピケティで始める経済学」の他の記事を読む

政府は今年1月11日の閣僚折衝で介護報酬を2.27%引き下げることを決定した。消費税再増税が先送りされ、しかも、特別養護老人ホーム(特養)など介護施設が過大な利益を「貯め込んでいる」とのイメージが流布しているためか、「当然」あるいは「仕方がない」と受け止めている国民も少なくないように見える。

もともと、財務相の諮問機関である財務制度等審議会は当初6%の引き下げを提案していた。その根拠は、特養は「内部留保」が1施設3億円を超え「収支差率」も平均8.7%と中小企業の2.2%をはるかに上回っているというものだった。

今回の決定までには内部留保の概念について会計学上の論争があり、また、厚生労働省の調査では、内部留保と特養の経営状態との関係を精査する統計学を駆使した報告書も登場している。しかし、この2.27%は2003年の2.3%、05年と06年合わせて2.4%の引き下げ幅を超えないことを意図した、単なる政治的なものであったことが透けて見える。しかし、そもそも特養などの介護施設を経営している社会福祉法人が過大な収支差率を維持し、内部留保を貯め込んで「儲けている」というデータはあるのだろうか。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
ピケティで始める経済学
最新のセオリーや分析が駆使されるが…
石橋湛山の経済学
Q8 経済学×開発
Q7 経済学×幸福
Q6 経済学×自己啓発
Q5 経済学×地方消滅
Q4 経済学×競り
Q3 経済学×ピザ配達
Q2 経済学×価格戦略
Q1 経済学×会社
Part2 ピケティから開く知のトビラ
[誌上講義] 小暮太一 経済ジャーナリスト
[INTERVIEW] ポスト「ピケティ本」の最右翼
世界的な累進資本課税をめぐる異論、反論
ピケティが指南!
[INTERVIEW] 哲学者が見たピケティ
主流派からマルキシストまで
経済学説はどのように変化してきたか
世界が答えを求めている
20分で全エッセンスを把握
その他の記事はこちら
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内