有料会員限定

深刻な経済学の意見対立 その根深~い理由 [INTERVIEW] 哲学者が見たピケティ

印刷
A
A

竹田青嗣 早稲田大学教授

経済学界は、考え方の違ういくつかのグループに分裂している。深刻な学派対立が起きる根源的な背景を、哲学者の竹田青嗣・早稲田大学教授が語る。

たけだ・せいじ●1947年生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。明治学院大学教授などを経て、2005年から現職。『フッサール「現象学の理念」』など著書多数。

特集「ピケティで始める経済学」の他の記事を読む

──ピケティは「経済学は『経済科学』と呼ばれ、空虚な問題の因果関係について科学的な証明に全力を注いでいる」と批判しています。

現代の経済学は、資本主義の進んできた道を後付けで理論化することしかできていない。どうしたら調和的に成長できるかの答えはまったく出ていない。自然科学ならこの場合はこうなると予測できるが、高度な数学や統計を駆使して自然科学になぞらえる精密性を標榜しているのに、経済学はそれができていない。

もちろんそれは、人間の意識と無意識のように猛烈に複雑な要素が関係し、わかることは氷山の一角だからだが、実は同様の矛盾は政治学や歴史学、心理学などほぼすべての人文科学や社会科学で起きている。

──経済学だけの話ではないと。

これらの人文科学も経済学と同様、自然科学と同じ実証主義を基礎方法としている。自然科学の精密な方法を応用したはずなのに、実際にはあらゆる学問でつねに二つか三つの学派が対立している。特定の社会的勢力や階層の利害を各派が代弁する形で、自然科学のように普遍的な理論に統合されることがない。時にはほかの学派を無視して、自分の理論だけを推し進めることもある。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
ピケティで始める経済学
最新のセオリーや分析が駆使されるが…
石橋湛山の経済学
Q8 経済学×開発
Q7 経済学×幸福
Q6 経済学×自己啓発
Q5 経済学×地方消滅
Q4 経済学×競り
Q3 経済学×ピザ配達
Q2 経済学×価格戦略
Q1 経済学×会社
Part2 ピケティから開く知のトビラ
[誌上講義] 小暮太一 経済ジャーナリスト
[INTERVIEW] ポスト「ピケティ本」の最右翼
世界的な累進資本課税をめぐる異論、反論
ピケティが指南!
[INTERVIEW] 哲学者が見たピケティ
主流派からマルキシストまで
経済学説はどのように変化してきたか
世界が答えを求めている
20分で全エッセンスを把握
異端か、正統か
ピケティは
Part1 目指せ! ピケティ完全理解
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内