有料会員限定

『ハウス・オブ・デット』が警告する格差と負債 [INTERVIEW] ポスト「ピケティ本」の最右翼

印刷
A
A

アティフ・ミアン 米プリンストン大学経済学部教授

Atif Mian●1975年生まれ。マサチューセッツ工科大学で経済学博士号取得。金融とマクロ経済のつながりが主な研究対象。責任抵当の分担(SRM)のアイデアについて米国議会で証言を行った。(撮影:Laura Pedrick)

特集「ピケティで始める経済学」の他の記事を読む

中低所得層の負債増加が経済全体をもろくしている

2014年、『21世紀の資本』と並んで米国で注目を浴びた『ハウス・オブ・デット』。格差拡大で広がる中低所得層の借金増加が経済の不安定化につながると説く。

大不況前の家計負債の急増について新たなデータを収集し、検証した。日本語版が今年5月に公刊予定

──著書『ハウス・オブ・デット』では、「08年に始まった大不況の本質は家計収入に対する負債の割合が急増したことに直接起因する」と論じていますね。

家計における負債の割合は、00年代に前例のない水準にまで上昇した。00年からの6年間で約2倍になった。米国で景気悪化が始まった頃を見てみると、消費と雇用が大幅に落ち込んだ時期と、家計の借金が最も多かった時期とがぴったり合うことがわかる。これは、国ごとの比較でも同じことがいえる。

──家計の借金が増えているのは長年にわたって指摘されてきたことですが、1930年代以来、ここまで不況がひどくなることはありませんでした。

07年までにGDP(国内総生産)に対する家計の借金の割合は過去100年間で最も高くなり、その借金による破産が金融危機を引き起こした。異なるタイプの不況を比較すれば、金融危機による不況は通常の不況よりはるかに深刻であることがわかると思う。さらに、個人負債の急拡大が先立った金融危機は、ほかのタイプの金融危機よりも不況が一層深刻になる。対照的に、金融危機による不況でも家計の借金がそれほど多くない場合は通常の不況とあまり変わらない。また金融危機が起きていなくとも、個人負債が大きくなると不況は深刻化する。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
ピケティで始める経済学
最新のセオリーや分析が駆使されるが…
石橋湛山の経済学
Q8 経済学×開発
Q7 経済学×幸福
Q6 経済学×自己啓発
Q5 経済学×地方消滅
Q4 経済学×競り
Q3 経済学×ピザ配達
Q2 経済学×価格戦略
Q1 経済学×会社
Part2 ピケティから開く知のトビラ
[誌上講義] 小暮太一 経済ジャーナリスト
[INTERVIEW] ポスト「ピケティ本」の最右翼
世界的な累進資本課税をめぐる異論、反論
ピケティが指南!
[INTERVIEW] 哲学者が見たピケティ
主流派からマルキシストまで
経済学説はどのように変化してきたか
世界が答えを求めている
20分で全エッセンスを把握
異端か、正統か
ピケティは
Part1 目指せ! ピケティ完全理解
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内