有料会員限定

プロが注目の厳選8銘柄 底打ち反転、上昇継続に期待大!

✎ 1〜 ✎ 13 ✎ 14 ✎ 15 ✎ 最新
拡大
縮小

上場企業の約7割は3月期決算会社だ。年が替わり株式市場の関心もそろそろ今期業績から新年度に移る。そこで、ここでは「来期」の業績に注目して投資妙味のある銘柄を探してみた。

株式投資では、あえて赤字企業に目をつけて、黒字に転換する局面で値上がり益を取るという作戦もあるが、基本はやはり好業績企業の先回り買いだろう。

年4回発行している『会社四季報』では、業績解説記事欄に【○○○】の形で見出しがついている。この見出しだけを拾い読みするのも有望銘柄を探す“裏技”の一つなのだが、昨年12月に発売された「2015年新春号」でいちばん多く使われていた見出しは【最高益】で、177社もあった。ただし、これらの銘柄は今期に最高益を更新する見通しの会社であって、来期も最高益とは限らない。

最高益更新のパターンには大きく三つある。一つ目は成長中で毎年最高益を更新する会社。二つ目は5~10年の景気サイクルに合わせて更新するパターン。三つ目が長い期間、最高益とは無縁だったが、何十年ぶりかに最高益を更新する会社だ。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
今年こそ株・投信
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内