有料会員限定

今年も日本株が狙い目 Part1 株 上昇継続への期待は大きい!

印刷
A
A

今年は日本株が復活に向けてスピードを加速させる年となるだろう。

図表1を見ていただきたい。これは日経平均株価の1980年代後半からの推移と、米国ダウ工業株30種平均の20年代後半からの推移を重ねたものである。

[図表1]
拡大する

特集「今年こそ株・投信」の他の記事を読む

85年前の米国市場を簡単に振り返ろう。空前の株式ブームの中、米国株は29年9月に381ドルという当時の最高値を記録した。しかし、その翌月に起きた「暗黒の木曜日」の暴落が世界恐慌の引き金を引き、そこからは長期の低迷相場に陥る。最安値は32年の41ドル。暗黒の木曜日以前の最高値を回復したのは、25年2カ月後の54年11月のことだった。

続いて日本株。日経平均がバブル期ピーク3万8915円を記録した89年12月から数えて25年2カ月後となるのが、今年2月である。片や最高値更新、片やピーク比半値以下と株価水準はまったく違うが、相場を時間軸で見直すと、極めて意味深長なポイントを迎えていることがわかる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
今年こそ株・投信
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内